窃盗事件に関する質問

質問①

友人の誘いで、居酒屋で飲み会に参加しました。参加人数は男性5人、女性3人です。

飲み放題との事から、最初に生ビールで乾杯。其の後は、芋焼酎を友人に注がれるままに、薄めずにジョッキで5杯は飲んだでしょうか。飲み会が始まり2時間くらいしてからか、主催者が帰ったので、私も退店しました。

自宅までは、徒歩で20分くらいです。自宅に入り直ぐ気持ち悪くなり、4回くらい嘔吐して、寝てしまったのです。

何時間を寝てたのか?電話に気付き、電話に出ると、私の右側にに座っていた人のバッグと車のキーが無い、持って行ったならば返してとの事です。居酒屋には警察も来たとの事です。私は直ぐに居酒屋近くの交番に連絡して、居酒屋に行きました。

警察官の話しと、バッグと車キーが無いと言った人の話しでは、店内のビデオを見れば分かるとの事です。しかし、私と右側の人との間には、私の帽子を置いたし、私は、バッグと車キーを目にした記憶も無く、更にバッグと車キーを持って退店しました記憶も、帰宅途中で、どうこうした記憶がないのです。

帰宅後は、一晩中考えましたが、記憶がないと言うのか、分からないのです。勿論の事ですが、ビデオに録画されてれば逮捕ですね。

現在は、生活保護でして、弁護士費用も問題です。良きアドバイスをいただきたいのです。

 

弁護士の回答

防犯カメラに映っていれば、犯人の特定は可能でしょう。

もし相談者様が、他人のバッグを誤って(もしくは故意に)持って帰ってしまったとすれば、相談者様に記憶がある・ないにかかわらず、謝罪をし、被害弁償をすべきです。記憶が蘇らないのであれば、防犯カメラの分析を待つほかありません。

しかし、可能な限り、記憶を喚起しましょう。誤って持って帰ったのであれば、一刻も早く謝罪をすることによって、刑事事件となって逮捕されるリスクを下げることができます。

バッグや車キーをどこに放棄したのかも思い出せるに越したことはありません。持ち帰ったことを思い出せた場合は、正直に話していきましょう。もちろん、持ち帰っていないことに確信が持てた場合は、しっかりとその旨主張していきましょう。

バッグを盗っていないと主張していくことになるのであれば、警察による取調べへの対応に注意が必要です。事実と異なる調書を作られないよう最善の注意を払いましょう。

弁護士費用の捻出が困難であれば、弁護士による無料相談を利用するとか、国選弁護制度を利用するなどの方法が一応考えられます。

当事務所も、刑事相談は初回無料としておりますので、お気軽にご相談ください。

 

 

お悩み別解決方法

  • 自首を考えている
  • 逮捕・勾留されたくない
  • 前科をつけたくない
  • 示談してほしい
  • 告訴されたくない
  • 執行猶予をつけたい
  • 釈放・保釈してほしい
  • 今すぐ面会・差入れしてほしい
  • 会社・学校に知られたくない
  • 資格や職業を制限されたくない
  • 無実である
  • テレビや新聞で報道されたくない



  なぜ弁護士選びが重要なのか

  裁判では99%が有罪   WEB予約はこちら