窃盗事件に関する質問

飲み会で一緒にいた人のバッグなどが無くなった。持っていれば返すよう言われたが酔って記憶がない。どうすればいい?

友人の誘いで、居酒屋で飲み会に参加しました。参加人数は男性5人、女性3人です。

飲み放題との事から、最初に生ビールで乾杯。其の後は、芋焼酎を友人に注がれるままに、薄めずにジョッキで5杯は飲んだでしょうか。飲み会が始まり2時間くらいしてからか、主催者が帰ったので、私も退店しました。

自宅までは、徒歩で20分くらいです。自宅に入り直ぐ気持ち悪くなり、4回くらい嘔吐して、寝てしまったのです。

何時間を寝てたのか?電話に気付き、電話に出ると、私の右側に座っていた人のバッグと車のキーが無い、持って行ったならば返してとの事です。居酒屋には警察も来たとの事です。私は直ぐに居酒屋近くの交番に連絡して、居酒屋に行きました。

警察官の話しと、バッグと車キーが無いと言った人の話しでは、店内のビデオを見れば分かるとの事です。しかし、私と右側の人との間には、私の帽子を置いたし、私は、バッグと車キーを目にした記憶も無く、更にバッグと車キーを持って退店しました記憶も、帰宅途中で、どうこうした記憶がないのです。

帰宅後は、一晩中考えましたが、記憶がないと言うのか、分からないのです。勿論の事ですが、ビデオに録画されてれば逮捕ですね。

現在は、生活保護でして、弁護士費用も問題です。良きアドバイスをいただきたいのです。

 

弁護士の回答

防犯カメラに映っていれば、犯人の特定は可能でしょう。

もし相談者様が、他人のバッグを誤って(もしくは故意に)持って帰ってしまったとすれば、相談者様に記憶がある・ないにかかわらず、謝罪をし、被害弁償をすべきです。記憶が蘇らないのであれば、防犯カメラの分析を待つほかありません。

しかし、可能な限り、記憶を喚起しましょう。誤って持って帰ったのであれば、一刻も早く謝罪をすることによって、刑事事件となって逮捕されるリスクを下げることができます。

バッグや車キーをどこに放棄したのかも思い出せるに越したことはありません。持ち帰ったことを思い出せた場合は、正直に話していきましょう。もちろん、持ち帰っていないことに確信が持てた場合は、しっかりとその旨主張していきましょう。

バッグを盗っていないと主張していくことになるのであれば、警察による取調べへの対応に注意が必要です。事実と異なる調書を作られないよう最善の注意を払いましょう。

弁護士費用の捻出が困難であれば、弁護士による無料相談を利用するとか、国選弁護制度を利用するなどの方法が一応考えられます。

当事務所も、刑事相談は初回無料としておりますので、お気軽にご相談ください。

 

 

万引きで保護観察付き中に再犯し、懲役の判決。クレプトマニアなど精神病の治療継続のため、罰金刑に減刑できないか?

万引きで懲役1年執行猶予3年保護観察付き中に再犯をし、求刑懲役1年2ヶ月のところ、昨日「懲役8ヶ月」の判決が出ました(被害金額630円・弁済済)。

私は摂食障害・強迫性障害・クレプトマニアを患っており、精神鑑定医・医師の診断書・意見書も提出し、入院し治療効果を示して罰金刑を求めましたが叶いませんでした。

今の環境のまま社会内で治療継続の必要性を訴えるべく控訴を考えております。

懲役刑から罰金刑に減刑を目指し治療的司法の重要性をアピールします。

控訴審での罰金刑獲得は難しいでしょうか。

アドバイスをお願いいたします。

 

弁護士の回答

保護観察付きの執行猶予期間中に再犯に及んだ窃盗被疑事件において、クレプトマニアの治療を継続するべきとして罰金刑とされた裁判例をはじめとして(東京高裁平成28年5月31日判決)、近年はクレプトマニアの治療を行うことが再犯防止につながるとの理解から、罰金刑となるケースも出てきています。

そのため、本件も罰金刑となる可能性はあるでしょう。

しかしながら、上記裁判例は、罰金刑とすることが「裁量を逸脱したものであるとまでは直ちにいえない」と判断しています。

つまり、同種事案において罰金刑とするか実刑とするかは、個々の事案における事情を検討した裁判官の裁量次第ということです。

そのため、本件では明らかに事情が考慮不十分であると控訴審が考えなければ、第1審の判断が尊重される可能性が高いのではないかと考えられます。

記載されているご質問内容を読む限り、第1審の弁護人はしっかりとした情状弁護を行なっているものと見受けられます。

そのため、控訴審でクレプトマニアに対する理解が進んでいる裁判官に当たれば、罰金刑となることも考えられますし、被告人が控訴した場合には第1審よりも重い刑とされることはありませんので、控訴して戦ってみることも考えてよいと思います。

しかし、第1審で実刑判決が下っていることを踏まえると、見通しは厳しいと考えておいた方がよいでしょう。

 

 

性行為の代わりに渡すお金を、黙って自分の手元に戻した。結局お金は渡したが相手が訴えるかもしれない。逮捕される?

出会い系で会った女の人に性行為の代わりに二万円を渡して、性行為した。

その後、女の人がお風呂に入っているうちに、渡した二万円を自分の手元に戻し、何も言わず帰った。

そのあと、さすがにだめだ。と思い、女の人からも連絡が来てたから会って、二万円を返した。

しかし、女の人は、訴えるかもしれない、大学にも親にも連絡がいくかもしれない。

もう弁護士に調べてもらっている。と言われた。

女の人に謝罪した。女の人はまた連絡すると一言言って去っていった。

僕は捕まりますか?そして、いくら相手に払えば許してもらえますか?

 

弁護士の回答

窃盗罪の法定刑は、10年以下の懲役または50万円以下の罰金であり(刑法235条)、決して軽微な犯罪類型ではありません。

被害者が被害届を出した場合、被害額の多寡や被害者の被害感情等にもよりますが、逮捕される可能性が十分にある犯罪です。

仮に逮捕されなかったとしても、取り調べを受け、場合によっては起訴されることもあります。

本件での被害額2万円は、決して少額とは評価されないものですので、逮捕・起訴の可能性が低いとはいえません。

ですが、窃盗罪は財産に対する犯罪ですから、被害者に被害弁償をするということが重要です。

相談者の方は、既に2万円を返しているとのことですので、被害弁償が済んだ状態となっており、逮捕・起訴の可能性は多少下がると考えられます。

ただし、被害弁償をしたことを警察に示せなければ意味がありませんので、被害弁償が成立したことを書面で残しておくべきです。

また、被害弁償に加えて示談に応じてもらうことで、逮捕・起訴の可能性を下げていくことも考えられます。

刑事事件における示談は、一定の金銭支払いによって、被害者の処罰感情を低下させ、被害届の取り下げ等を目指して行うものです。

示談をする際には、示談金の総額等を明確にし、事件を蒸し返されないようにするため、様々な条項を入れた書面で合意することが望ましいです。

被害者が示談に応じてくれるかどうかは分かりませんが、「被害届を出さない、または、既に出している場合には取り下げる」という趣旨の条項を示談の合意書に盛り込むことで、逮捕・起訴の可能性をより低くすることが見込めます。

示談金をいくら払えば許してもらえるかという点については、いくら高額の示談金を提示しても受け入れてもらえないケースもあるため、一概にはいえません。

ただ、今回のようなケースですと、実際に盗んだ現金2万円以上に、被害者に精神的苦痛を与えたということはないようですので、相場としては2万円から5万円程度になるのではないかと思われます。

もし示談を行う場合には、弁護士に相談し、後に問題を残さない示談書を作成されることをお勧めします。

 

 

万引きの初犯で略式罰金刑とされたが、冤罪なので正式裁判を求めたい。どうにもできない?

取り急ぎお伺いいたします。

略式命令罰金刑20万円ですが冤罪ですので正式裁判を求めるつもりですが、弁護士さんは、あらたな証拠がないので勝ち目がない、反省の態度が見えず、かえって金額が50万円になったり、刑務所に入れられたりするかもしれないと助言してくださいます。

このことは貴ページによる控訴による不利益変更とは意味が違いますでしょうか?正式裁判の請求は月曜日までです。

どうかお電話ご返信をくださいませんでしょうか?2か月前の衣類1080円に対する万引き初犯の結果とされましたが、警察は私を8日拘留し、否認を認めませんでした。

留置所から出たい一心で判を押しました。もうどうにもできないのでしょうか?

 

弁護士の回答

■犯罪事実を争うことについて

冤罪であるという根拠や証拠については、ご質問内容からは不明ですので、正式裁判において相談者様が無罪となる見通しがあるかどうかの判断はできません。

もっとも、検察官はほぼ100%の確率で有罪が取れると判断しなければ起訴をしませんから、検察官の手元には相談者様が1080円分の衣類を万引きしたことに対する証拠が相当豊富に揃っているのではないかと推測されます。

冤罪であれば、それらの証拠を前提としても相談者様の犯行は立証できないはずですが、客観的な証拠がある場合、それらの証拠に反して否認をすることのリスクは当然あります。

証拠から有罪と判断できるのに否認をしている場合、裁判官は一般的に「客観的な証拠から犯行は明らかであるのに否認をしているということは、被告人は反省していない。」と考えることが多いでしょう。

反省をしていないという判断を裁判官にされた場合、その事実が量刑において不利に取り扱われることは覚悟しなければなりません。

■不利益変更について

たしかに刑事訴訟法402条には、被告人が控訴した場合の不利益変更禁止が定められていますが、この条文は控訴の場合について定めているものです。

略式手続の最中に行う正式裁判請求は、第1審を通常の手続きで行うことを求めるものですから、控訴ではありません。

そして、刑事訴訟法402条が正式裁判請求の場合に適用されるかについては、以下のような判例が存在し、同条の適用はないとされています(最高裁判所昭和31年7月5日付判決)。

「略式命令に対する正式裁判の請求は、該命令をした裁判所に対し通常の規定に従い審判を受けることを求めるものであって上訴ではないから正式裁判の請求が適法であれば裁判所はさきになした略式命令に拘束されることなく(刑訴四六八条二項三項参照)通常の規定に従って審判をなすべきであり、この場合上訴に関する四〇二条の規定は準用さるべきでない。」

そのため、略式命令において罰金20万円と判断されたとしても、正式裁判において判断する裁判官はその罰金額に拘束されるものではありません。

相談者様が相談された弁護士が回答したとおり、かえって金額が上がったり、懲役刑となったりする可能性もあるでしょう。

正式裁判請求をするかどうかはこの点も含めて検討されることをお勧めします。

 

 

職場の店長から精神的苦痛を受け、仕返しのためレジからお金を取った。言えずに退職したが、逮捕されることはある?

はじめまして。○○市に住んでいます。

昨日、○○市にある、自分の職場のレジから5000円、取ってしまいました。

昨日退職日だったのですが、今までに受けた店長からの精神的苦痛に耐えられず、何か仕返しをしたいと思ってしまいこの行動をしてしまいました。

勤務中に、5000円がないのはおかしいという事になり、このままでは警察に来てもらい防犯カメラを見ますと言われましたが、その場では言い出せませんでした。

昨日からずっと後悔しており、一刻も早く5000円を返したいのですが、精神的に参っていた職場をやっと辞めれたので、もう職場の人とは会いたくありません。

代理で返金していただくことは可能ですか?

また、相手次第だとは思うのですが、警察に拘留されたりするのでしょうか?

 

弁護士の回答

レジの中のお金を取ってしまった場合、どのような犯罪が成立するかは相談者様の職場での業務次第ですが、レジ内の現金の管理を命じられていたわけではないとすると、窃盗罪(刑法236条)が成立することになると思われます。

事件当日には発覚しなかったようですが、防犯カメラを確認し、その映像に相談者様が5000円を取るところが映っていた場合、決定的な証拠となるでしょう。

事件当日に店長等が、警察を呼ぶことになるという趣旨の発言をされていたのであれば、映像を確認した後、被害届が提出される可能性があります。

そうすると、警察が捜査を開始する可能性は高く、突然警察から呼び出しの電話がかかってきたり、警察が家にやってきたりすることも考えられます。

相談者様が逮捕される可能性については詳しく事情を聞かなければ分かりませんが、捜査機関は被疑者を全員逮捕するわけではありません。

証拠隠滅や逃亡の恐れが高かったり、重大な犯罪であったりといった事情から逮捕の必要性が認められる場合にのみ逮捕をします。

犯行を否認しているような場合であれば、逮捕も十分考えられますが、相談者様が犯行を認めるのであれば、逮捕される可能性は相対的に低いのではないかと思われます。

警察から捜査を受けることになった場合、重要になってくるのは被害店舗との示談です。謝罪と共に被害弁償をしっかりと行い、被害店舗に許してもらうことで刑事処罰が軽くなる可能性を上げることができます。

ご依頼いただいた場合には、弁護人として被害店舗と交渉を行うことになりますので、その際に5000円の返金を代理で行うことは当然可能です。

もっとも、相談者様が直接職場の方に会う必要はありませんが、職場に対する仕返しとしてお金を取ったという身勝手な犯行に対してはしっかりと反省をしてもらう必要があります。

また、まだ被害店舗から警察に被害届が出されていない場合、捜査機関が被疑者を認識していない状態であると考えられますから、自首が成立する可能性があります。

自首が認められる場合、刑が軽減される可能性がある他、捜査機関からいつ連絡が来るかわからないという恐怖から解放され、逮捕のリスクを下げることも期待できます。

当事務所では自主同行サービスも行なっておりますので、被害店舗との示談交渉と合わせて、検討されてはいかがでしょうか。

 

 

出所後に窃盗してしまった。実刑になる?

前科あり。

出所後、3年で窃盗してしまい、在宅調べうけました。

実刑になりますか?

 

弁護士の回答

出所後3年で再犯をした場合に実刑となる可能性についてのご質問ですが、執行猶予をつけることができる場合について、刑法25条1項は次のように定めています。

「次に掲げる者が三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金の言い渡しを受けたときは、情状により、裁判が確定した日から一年以上五年以下の期間、その執行を猶予することができる。
一号 前に禁錮以上の刑に処せられたことがない者
二号 前に禁錮以上の刑に処せられたことがあっても、その執行を終わった日又はその執行の免除を得た日から五年以内に禁錮以上の刑に処せられたことがない者」

今回は前回の刑期満了から3年での犯行ですので、一号、二号のどちらにも該当しませんから、執行猶予の要件を満たさないことになります。

そのため、裁判において懲役刑の有罪判決が出されれば実刑判決は免れられませんので、その点については覚悟しておくべきでしょう。

もっとも、被害金額やその他の事情次第では、検察官に対して働きかけることで、略式裁判での罰金刑や起訴猶予としてもらえる可能性があるかもしれません。

ご質問内容からは個別事情が全く不明ですので、略式裁判若しくは起訴猶予となる可能性がどれほどあるかは判断できませんが、これまでの犯歴も当然考慮されますので、やはり実刑判決となる可能性が高いと思われます。

ご不安なようであれば、直接弁護士に面談の上で相談されることをお勧めいたします。

 

 

やっていないのにお金を取ったと友人から疑われているが、警察からの取り調べや弁護士費用を負担することは避けたい。示談に応じたほうがいい?

友人と夜飲食をして帰った後、翌日に「財布の中にあったお金が無くなっている」という連絡がありました。

食事中に友人が財布を取り出した際、中身が落としたので拾うのを手伝いましたがお金は取っていません。

指紋は当然出てくると思いますので、明確に無罪を証明できる方法がないと思っています。

示談に応じなければ被害届と弁護士依頼すると言われているのですが、警察による聴取や弁護士費用を負担することは避けたいです。

示談として20万円を請求すると言われており、分割でも応じた方が良いのではないかと思っています。

どうすればよいでしょうか?

弁護士の回答

刑事無料メール相談のご利用ありがとうございます。

刑事事件に注力する弁護士が回答いたします。

財布の中身を盗んだと疑われているということですが、本当に盗んでいないのであれば堂々と否定してよいのではないでしょうか。

財布の中にあったお金が無くなったということを相手方が主張したとしても、相談者の方が本当にお金を盗んでいないのであれば、警察が捜査をしたとしても有罪とすることは出来ません。

相手方の財布から指紋が検出されたとしても、それは間接的な証拠にすぎませんので、指紋が出たことから直ちに犯人であるということが推認されるわけではありません。

あなたを犯人であると推認するためには、防犯カメラ映像や店員の証言、ご友人の財布に一定の現金が入っていないことが不自然な状況であることを示す証拠等が必要と思われますが、これらの証拠は本当に盗んでいないのであれば出てくるはずがありません。

被害届を提出された場合には警察から取り調べを受けることはあるかもしれませんが、虚偽の自白をすることは絶対に避けるべきです。

なお、ご友人が故意に警察に虚偽の内容の被害届を提出すれば、虚偽告訴の罪(刑法172条)が成立する可能性がありますが、本当に盗まれたと思い込んでいる場合には同罪は成立しません。

盗んでいないということをご友人に納得してもらえるよう、しっかりと話し合いをされてはいかがでしょうか。

 

 

営業デートの見返りとしてお金を数回抜き取っていたらバレてしまい、示談金を払ったがまだ脅されている。自首したら捕まる?

示談金を払ったのに脅されています。

シングルマザーになりキャバクラで働いていた時のお客様と営業として外で会っていました

その事を友達に言うと「お金もらうべき」と言われ今更言えなくて1万円抜き取りました

ちゃんとデートしてるし取ってもいいよねと軽く考えてしまい2回目も1万円抜き取りました

簡単にできてしまうので軽く考えてしまい3回目も1万円抜き取りました

その時に5千円も取ってて気づいたのですが戻さず3回目は1万5千円でした

3回目のデート解散後すぐに連絡がありバレていて話し合いにやりました

「警察に行くか示談金か…前にもこんなことがあった時示談金300万円ぐらいだった」と

言われ考える時間を貰いました。その間ずっと犯罪者ってこんな気持ちになるんだとか相手の気持ちとか自分がどんだけのことをしたかとか考えていました

その間も連絡とったり会ったりしていてお金がないことを知っているので50万円で話が決まりお渡ししました

それから5ヶ月経ち8/19連絡が久しぶりに来て「1度会って話がしたい無視できないのはわかってるよね?」と脅されました。

電話したら他愛もない会話でした。

そして10/1に連絡がまたあり話がしたいと言われ10/2夕方に会いました。

「やはり許さないから自首か示談考えて、自首だと俺も何度か警察に行かないといけないし君の周りにもバレるだろうね」と何度も言われました

きっとまた払っても同じことをまた繰り返される気がします

自首したら私は捕まりますか?どのくらいの期間ですか?

3歳の息子から離れたくないです。

弁護士の回答

刑事無料メール相談のご利用、ありがとうございます。刑事事件に注力する弁護士が回答いたします。

あなたがお金を複数回抜き取った行為については、窃盗罪(刑法235条)が成立します。

窃盗罪の法定刑は10年以下の懲役または50万円以下の罰金です。

本件について、どのように対応するべきかという点についてですが、ご質問内容を見る限りでは、あなたは自首した方が良いように思います。

自首をした場合、刑の減免が期待できますし(刑法42条1項)、逃亡の恐れや罪証隠滅のおそれが低いと考えてもらえることもあり、逮捕の可能性を下げることも期待できます。

また、「警察へ発覚するリスク」という、相手があなたを脅すために使っている材料を無くすこともできます。

次は、自首をした後の刑事処分についてです。

窃盗罪は財産犯ですので、被害の回復がされているかという点も大きく処分に影響します。

あなたは、既に相手に対して50万円を示談金として渡しているということですし、被害額も著しく高額とまではいえませんので、不起訴処分も狙える事案ではないでしょうか。

ただし、50万円をただ相手に渡したというだけでなく、示談金として渡したものであるということが分かる形跡が残っていなければなりません。

相手とのやり取りや、口座の履歴等の証拠はしっかりと用意しておきましょう。

なお、仮に刑事処分を受けることになったとしても、刑務所に服役しなければならないような事案ではないように思いますので、必要以上に不安に思う必要はありません。

最後に、相手が行なっている行為についてですが、あなたが犯罪を行ったことに乗じて必要以上の金銭を脅し取ろうとしか思えませんので、恐喝罪(刑法249条1項)に当たる可能性があります。

自首をする際に合わせて相手の行為についても相談されてみてはいかがでしょうか。

一人で自首をすることが怖いということであれば、当事務所には自主同行サービスというものがありますので、詳しくはこちらをご覧ください。

https://www.keiji-lawyer.jp/plan/jisyu/

 


なぜ弁護士選びが重要なのか

窃盗事件について

犯罪別『窃盗』についてよくある相談

 

『窃盗事件』の解決事例

 

メール相談