振り込め詐欺をしていた知人に協力。共同正犯になってしまいますか?


焦る女性のイメージイラスト振り込め詐欺グループに所属する知人から、振り込まれた金を取ってくるように命令をされました。

5万円という報酬に目がくらんで、協力してしまい逮捕されました。

わたしも詐欺罪の共同正犯になってしまうのですか?

 

 

弁護士の回答

ATMのイメージ画像詐欺によって被害者から騙し取った金員等を実際に取りに行く者を「出し子」、「受け子」といいます。

ATM等で振り込ませたものを口座から引き出す場合は「出し子」、宅配便で送らせたものを受け取る場合は「受け子」といいます。

逮捕の危険性が高いことから、振り込め詐欺グループの中心人物ではなく、新入りや事情を知らない第三者が担当することがほとんどです。

事情を知らずに、指定された場所で金員を受け取ることを命じられたに過ぎない場合は、無罪となります。

ですが、多くのケースで起訴に至ります。というのも、受け子、出し子も、「詐欺で得た金員かもしれない」くらいの認識はできた(していた)のではないかと警察・検察側からは疑って見られるからです。

そしてその確定的でない故意(未必の故意といわれます)すらないことの立証は、往々にして困難を極めます。お金を受け取るだけで5万円等の報酬をもらえることは異常であり、普通であれば犯罪によって得たお金だとわかるはずだからです。

弁護士バッジのイラスト刑事事件に注力する弁護士を選任し、有利な証拠を豊富に収集し、戦い抜くことが不起訴処分・無罪判決獲得のために重要です。

また、質問者のように故意がある場合でも、当然に詐欺罪の共同正犯となるわけではありません。

共同正犯という評価は、犯罪に意欲的に(自分のために)参加したといえる者についてのみ、認められます。

ATMのイメージ画像なんら報酬もなく(もしくはかなりの小額の報酬のみで)、ただただ手助けをするために出し子・受け子となった者は、幇助犯にとどまる場合があります。幇助犯であれば、刑罰が軽くなりますから、幇助犯と評価すべきケースでは、このことをしっかりと主張する必要があります。

詐欺罪で逮捕されてしまった方や、ご家族が逮捕されお困りの方は、刑事事件に注力する弁護士が在籍する当事務所に、お気軽にご相談ください。

 

 

犯罪別『振り込め詐欺』についてよくある相談

 

詐欺事件について  

犯罪別『詐欺』についてよくある相談

 

犯罪別『詐欺』についてよくある相談

 

 

お悩み別解決方法

  • 自首を考えている
  • 逮捕・勾留されたくない
  • 前科をつけたくない
  • 釈放・保釈してほしい
  • 無実である
  • 執行猶予をつけたい
  • 会社・学校に知られたくない
  • テレビや新聞で報道されたくない
  • 資格や職業を制限されたくない
  裁判では99%が有罪 WEB予約はこちら