オレオレ詐欺事件の共同正犯として起訴されたものの、保釈、執行猶予付き判決を獲得した事例


罪名 詐欺事件の共同正犯
解決までの期間 3ヶ月
弁護活動の結果 保釈、執行猶予付き判決

事例人物

Aさん(20代)

進学のためのお金欲しさから詐欺の共同正犯で逮捕されてしまったAさん

Aさんは大学2年生であり、大学院進学に向けて、バイトを続けていました。しかしながら、時給が低く、貯金が思うように増えないため、夜のバイト(繁華街のキャッチやボーイなど)をするようになっていました。

夜のバイトをする中で、友人から、彼の先輩を紹介され、その人物から、「荷物を受け取りに福岡に行ってくれる人を紹介してくれないか。報酬は荷物の価値の10パーセント。」と誘われました。

Aさんは、その人物の雰囲気や仕事の不自然さから、オレオレ詐欺ではないかと疑いましたが、お金を欲していたことや、自分が受け子になるわけではないから逮捕されることはないであろうとの甘い考えで、仕事を引き受けてしまいました。

半年間で約5人を紹介しましたが、その5人目が、福岡で逮捕されるに至り、オレオレ詐欺に誘い込んだ人物として、Aさんも詐欺罪の共同正犯として逮捕されるに至りました。

Aさんの両親は、突然の事態に驚き、刑事事件に強い弁護士が在籍している当事務所に相談をしました。

 

両親から依頼され早期の弁護活動により執行猶予付の判決を獲得

私たちは、両親から事件の話を聞いた後、取調べ対応に関するアドバイスを早急にする必要があると考え、即日で接見に行きました。(初回接見サービスはこちらをご覧ください。)

本人は、「お金ほしさで安易に始めてしまったが、オレオレ詐欺だと確信してからは、辞めたいという気持ちを持っていた。でも、辞めさせてもらえなかった。」と話していました。

私たちは、Aさんの将来のために、この刑事事件を通して、Aさん本人の反省を高め、詐欺グループとの関係を断絶させる必要があると考え、連日接見に出向き、詐欺行為の悪質性、関係断絶の重要性を説き続けました。

また、被害者に被害弁償する必要性があるものと考え、示談交渉を行いました。

しかしながら、被害者は、詐欺グループを恐れており、示談交渉には応じませんでした。そこでAさんは、贖罪寄付をしました。Aさんは、示談が成立しなかったこともあり、起訴されるに至りました。

私たちは、起訴された直後に保釈請求をし、保釈は無事に認められました。

裁判では、詐欺グループとの力関係、金ほしさはあったものの現実には一度も報酬をもらっていなかったこと、関係を断絶させるために両親がAさんを監督すること等々を証拠によって示し、執行猶予付の判決を求めました。

その結果、Aさんは、執行猶予付の判決を獲得することができました。

 

 

今回のポイント

ポイント

詐欺罪の中でもオレオレ詐欺は、組織性・密行性が高い類型であり、主犯格の立件が困難であるとされています。

そのため、司法取引制度の運用が開始された平成30年6月以降は、司法取引の成立によって、不起訴処分を獲得できる可能性が高まります。

本事案は、6月以前の事件でしたので、司法取引は絡みませんでしたが、今後は、司法取引の観点も含めて弁護活動を展開する必要があります。司法取引制度の運用開始についてはこちらのページをご覧ください。

また、本事案は、Aさんの母親が情状証人として証言台に立ち、監督を誓約してくれました。

判決では、両親の監督に期待できることが、執行猶予付き判決にした理由の一つとして述べられました。両親のサポートが、子の将来を守った事案でもあります。

当事務所には刑事事件チームが設置されており、刑事専門の弁護士が、被疑者・被告人のために弁護活動を展開します。刑事事件でお困りの方、大切な家族が逮捕されてしまった方は、まずはお気軽に当事務所にご相談ください。

 

 

詐欺事件について

犯罪別『詐欺』についてよくある相談

 

『詐欺事件』の解決事例

 

メール相談

 

 

お悩み別解決方法

  • 自首を考えている
  • 逮捕・勾留されたくない
  • 前科をつけたくない
  • 示談してほしい
  • 告訴されたくない
  • 執行猶予をつけたい
  • 釈放・保釈してほしい
  • 今すぐ面会・差入れしてほしい
  • 会社・学校に知られたくない
  • 資格や職業を制限されたくない
  • 無実である
  • テレビや新聞で報道されたくない
  なぜ弁護士選びが重要なのか

  裁判では99%が有罪   WEB予約はこちら