詐欺の事案で求刑の約2分の1に減刑した事例


罪名 詐欺
解決までの期間 6か月
弁護活動の結果 求刑の約2分の1まで減刑

Nさん(50代男性 / 福岡市)

返済の意思もないのに知人にお金を借り入れ、詐欺罪で逮捕されてしまったNさん

Nさんは、返済の意思もないのに、知人5名に対して、それぞれ数十万円(合計300万円)を借り入れた罪で逮捕され、詐欺罪で起訴されました(その他にも、多数の知人から同様に金銭を借り入れていましたが、これらについては余罪とされ起訴はされていません。)。

Nさんの奥さんが心配し、弁護士に相談しました。

 

弁護士に依頼し、求刑の約2分の1まで減刑。

弁護士は、ご依頼を受け、すぐにNさんが勾留されている警察署へ接見に行きました。そして、公訴事実を認めたので、被害弁償が可能かどうか検討しましたが、不可能であったことから、その他の情状について弁護しました。

検察官からは懲役2年を求刑されましたが、判決では情状がある程度認められ、求刑の約2分の1まで減刑できました。

 

今回のポイント

本件では、Nさんに同種前科があったことや被害者の数の多さ等から、執行猶予がほぼ不可能な事案でした。そこで、Nさんが悪い人間ではないことをアピールし、どれだけ求刑から減刑できるかが重要なポイントとなりました。

 

詐欺の弁護方針について詳しくはこちらをご覧ください。

 

刑事事件の解決事例一覧

  裁判では99%が有罪 WEB予約はこちら