詐欺に関する質問


質問①

融資を目的としキャッシュカードを送付してしまいました。口座があれば融資、返済が可能と言われた為です。

そのカードは結果的に詐欺に使用されてしまいました。銀行から連絡を受け、そのままの足で警察に事情を話に行きました。後日、任意の事情聴取を数回受けて終わったところです。

質問①任意なのに指紋や写真、DNAの採取は必要だったのか。
質問②身元引受人を用意しろとしつこく電話してくる。
質問③キャッシュカードを送って犯罪に使われたのは反省してますが、送ってはいけない事は本当に知らなかったと言ったら「大人としての常識。本当は知ってたんでしょ」と言われて調書に知ってた旨を書かれていました。強要には当たらないのか?

これについてお知恵を貸して頂けたらとおもいます。 宜しくお願い致します。

 

弁護士の回答

刑事無料メール相談のご利用ありがとうございます。当事務所の刑事弁護士が回答いたします。

①任意なのに指紋や写真、DNAの採取は必要だったのか?

任意ですから、指紋・写真・DNA全て、拒否することは可能です。
しかしながら、あなたの行為は詐欺幇助に当たる可能性があり、拒否をしすぎると、逮捕・勾留される可能性があります。その意味では、拒否せず従うのも一つの選択肢としては不当ではありません。

②身元引受人を用意しろとしつこく電話してくる。

身元引受人がいないとなると、逮捕する必要性が高いことになります。その意味で、質問①と同様、従う方が望ましい場合があります。

③キャッシュカードを送って犯罪に使われたのは反省してますが、送ってはいけない事は本当に知らなかったと言ったら「大人としての常識。本当は知ってたんでしょ」と言われて調書に知ってた旨を書かれていました。強要には当たらないのか?

調書に書くべきではありませんでした。調書はあなたの認識を書くものですから、取調官の発言に乗せられるべきではありませんでした。事前に刑事弁護士に相談に行かれておくべきだったと思います。
ただ、強要に当たるかといえば、(実際には当たるような行為があったのかもしれませんが)立証は不可能に近いでしょう。
今後、捜査が継続するようであれば、早急に弁護士の元に相談に行き、今後の対応をしっかり決めていくことをお勧めします。
当事務所は、初回相談無料となっておりますから、お気軽にご相談ください。

 

 

詐欺事件について  

犯罪別『詐欺』についてよくある相談

 

詐欺事件の解決事例

 

メール相談

 

 

お悩み別解決方法

  • 自首を考えている
  • 逮捕・勾留されたくない
  • 前科をつけたくない
  • 示談してほしい
  • 告訴されたくない
  • 執行猶予をつけたい
  • 釈放・保釈してほしい
  • 今すぐ面会・差入れしてほしい
  • 会社・学校に知られたくない
  • 資格や職業を制限されたくない
  • 無実である
  • テレビや新聞で報道されたくない
  なぜ弁護士選びが重要なのか

  裁判では99%が有罪   WEB予約はこちら