横領、背任について


横領とは何か

横領のイメージ画像横領とは、自らが占有している他人の物を、無断であたかも自分の物かのごとく使用したり売却したりすることをいいます。横領罪は、単純横領罪(5年以下懲役)、業務上横領罪(10年以下懲役)、遺失物等横領罪(1年以下懲役または10万円以下罰金科料)に分かれています。

例としては、管理を一時的に任されていた友人所有の土地を無断で売却し、その売却代金を自らの借金返済に充てる行為(単純横領)や、会社の経理担当職員が、会社の金を自らの借金返済に充てる行為(業務上横領)、道端に落ちていた財布の中から金を抜き取り、費消する行為(遺失物等横領)などが挙げられます。

 

 

背任とは何か

お金の取引のイメージ画像背任とは、他人のためにその事務を処理する者が、自己や第三者の利益を図り、または本人に損害を加える目的で、その任務に背く行為をして、本人に財産上の損害を与えることをいいます。

例えば、信用組合の専務理事が、資力の乏しい友人に対して無利子で貸付を行う行為が挙げられます。5年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処されます。

 

 

弁護方針

横領、背任を認める場合

領収書のイメージイラスト横領、背任を認める場合、警察に被害届が出される前に、被害弁償をし、示談を成立させることができれば、逮捕される可能性は低くなり、不起訴処分を手にする可能性は高くなります。

そのため、横領、背任行為をしてしまった場合には、早急に示談交渉に臨む必要があります。本人同士で直接示談交渉を行うことには困難が伴いますから、弁護士を選任し、弁護士が迅速かつ適切に交渉を行うことが重要となります。

解説する弁護士のイメージイラスト仮に、示談交渉が長引き、逮捕されたとしても、その後の示談の成立によって早期に釈放される可能性が高まりますし、仮に、示談交渉が長引き、起訴されたとしても、示談の成立によって執行猶予付き判決を得て、刑務所に入る必要がなくなる可能性が高まりますから、根気強く示談交渉を継続することも重要です。

早期釈放のためにも、前科がつくことや刑務所生活から免れるためにも、弁護士が迅速に示談交渉を行う必要があります。弁護士の技量と熱意によって、大きく示談交渉は影響を受けますから、刑事事件に特化した弁護士を選任することが重要となります。

 

横領、背任を認めない場合

横領、背任を認めないケースとしては、本人から許された処分をしたに過ぎない場合や、横領、背任について身に覚えが無く、横領、背任をしたのは別人である場合などが考えられます。このような場合、検察官や警察官は逮捕に踏み切ることが多いといえます。その中で、早期釈放を現実のものとするために重要なのは、被疑者が横領、背任をしていないことを示す証拠を、検察官や裁判所に多く提出することです。

被害者供述に矛盾があることを示したり、他の従業員に聞き込み調査を行い真犯人がいることを示したりすることが一例として考えられます。

捜査のイメージイラストそして、証拠を探し出し、検察官や裁判官に提出するためには、被疑者は身体を捜査機関に拘束されているわけですから、弁護士が迅速に証拠の収集に臨む必要があります。弁護士の技量と熱意によって、証拠の収集も大きく影響を受けますから、刑事事件に特化した弁護士を選任することが重要となります。

まずは当事務所にお気軽にご相談ください。

 

 

  

 

 

お悩み別解決方法

  • 自首を考えている
  • 逮捕・勾留されたくない
  • 前科をつけたくない
  • 釈放・保釈してほしい
  • 無実である
  • 執行猶予をつけたい
  • 会社・学校に知られたくない
  • テレビや新聞で報道されたくない
  • 資格や職業を制限されたくない
  裁判では99%が有罪 WEB予約はこちら