大麻取締法違反で逮捕されたが、執行猶予判決により実刑を免れた事例


罪名 大麻事件
解決までの期間 3ヶ月
弁護活動の結果 保釈
執行猶予付き判決

Cさん(30代男性 / 北九州市)

複数の知人から大麻を譲り受けて使用するという行為を繰り返してきたCさん

約15年に渡って、複数の知人から大麻を譲り受けて使用するという行為を繰り返してきたCさんは、知人が逮捕されたのをきっかけに大麻譲受・大麻所持の事実が警察に発覚し、逮捕されるに至りました。

初めは国選弁護人がついていましたが、Cさんのご家族は、接見が禁止されていた状況を変えるべく、私たちを私選弁護人として選任しました。

準抗告により接見禁止決定が取り消され、家族と会えるように

接見のイメージイラスト私たちはご家族から依頼を受けた後、そのまま接見に行き、状況を把握するとともに、その日のうちに、裁判所に、接見禁止決定に対する準抗告を行いました。

裁判所は、翌日、準抗告に理由があることを認め、接見禁止決定を取り消しました。その日から、Cさんとそのご家族は接見が可能となり、1週間ぶりの再会を果たすことができました。

また、検察官は、裁判所に対して、当初の10日間の勾留では捜査が終了しないとして、10日間の勾留延長を請求しました。

私たちは、Cさんが自白していたこと、知人の捜査は終了していること等から、勾留延長は認められるべきではないと考え、裁判官に意見書を提出するとともに、面会を行いました。

その結果、勾留延長を阻止することに成功しました。

 

保釈のイメージイラスト早期に起訴されることにより、身体解放される日も早めることができるのです。

そして勾留10日目に起訴されました。その日のうちに保釈請求を行い、翌日に保釈されました。

公判に向けて、当事務所において打ち合わせを入念に行い、無事に執行猶予付き判決を得ることができました。

 

今回のポイント

国選弁護人が、Cさんのために全力を尽くさないがために、Cさんは不当な取り扱いを受けていました。

本ケースは、ご家族が、私選弁護士を選任することを決意したことによって、一気に状況を変えることに成功した事例です。

ご家族と被疑者本人にとって、身体拘束・接見禁止によって関係を分断されることは大きな苦痛です。私たちはその状況を一日でも早く解消するために、全力を尽くすことを約束します。

まずはお気軽に、当事務所にご連絡ください。

保釈の方法について、詳しくはこちら「釈放・保釈してほしい」をご覧ください。

 

刑事事件の解決事例一覧

  裁判では99%が有罪 WEB予約はこちら