取調べの注意事項


取り調べのイメージイラスト逮捕や勾留により身柄拘束を受けた被疑者は、警察官や検察官からの取り調べを受けることになります。

警察官や検察官などの捜査機関は国家機関であり、取調べのプロです。身柄拘束を受けている被疑者が自分一人で対応するのは非常に困難です。

取調べの内容は、最終的には供述調書という書面にまとめられます。

この供述調書が後の裁判等において、重要な証拠になりますので、注意が必要です。

裁判になって本当のことを言えば、裁判官がわかってくれるなどと考えては決していけません。一度、自分の発言内容を供述調書という形でまとめられ、それに署名や指印を押してしまうと、それを覆すことは非常に困難です。

注意のイメージイラストしたがって、取調べを受ける際の注意点は、供述調書の内容が、本当に自分が話した内容を反映しているかどうかを十分に検討することです。

すなわち、供述調書は捜査機関が文書にまとめ、まとめた書面を被疑者に読み聞かせた上で、被疑者が署名と指印をすることで作成されます。そこで、読み聞かせの段階で、書かれた内容を細かくチェックする必要があります。単にニュアンスが違うだけだから大丈夫だなどと安易に考えてはいけません。

被疑者には、調書の内容に誤りや自分が話していないことが記載されている場合、その部分を正しく訂正してもらうことを求めることができます。また、最終的に捜査機関が変更に応じない場合には、その供述調書への署名、指印を拒否することができます。

調書のイメージ画像これまで記載してきたとおり、取調べのポイントは、間違いのある調書には、サインをせず、訂正を求めるということです。

これはよく理解していないと、行動に移すのは、非常に難しいことです。なぜなら、身柄拘束が長くなり、取調べが連日のように続けば、やはり多少のことはいいやという気持ちになりがちであるからです。

このようなことを防ぐには、弁護人による適切な助言、接見が必要不可欠です。

 

 

刑事事件

  • 国選弁護人と私選弁護人との違い
  • 控訴したい
  • 刑事事件の流れ
  • 刑事裁判の流れ
  • 裁判員裁判について
  • 取調べの注意事項
  • 勾留の要件
  • 保釈、保釈金について
  • 被疑者の権利~黙秘権など~
  裁判では99%が有罪 WEB予約はこちら