刑事事件の書式集


犯罪被害者との示談書(強姦罪)

書式この書式は、強姦の被害者の方との間で示談をするときのサンプルです。
強姦罪は重罪なので、被疑者・被告人は通常身柄を拘束されています。
また、被害者の方は、犯人やその家族との接触を拒否することが多いため、示談交渉は刑事弁護人の重要な職務となります。
あくまで一例ですので、素人の方は参考程度にとどめ、専門の弁護士へのご相談を強くお勧めします。
なお、強姦罪の解決方法についての詳しい説明はこちらをご覧ください。
逮捕・交流されたくない場合の解説はこちらをご覧ください。

 犯罪被害者との示談書(強姦罪)【Word】

 犯罪被害者との示談書(強姦罪)【PDF】

 

 

被害届・告訴取下書

書式この書式は、示談が成立したときに、被害者が被害届と告訴を取下げる意思を表示するために検察庁に提出する提出する文書のサンプルです。
被害者の方は、法律の素人です。そのため弁護士が弁護活動の一環として作成し、被害者の方に署名押印をもらって提出します。
このような取り組みは起訴前であれば不起訴を獲得したり、起訴後であれば執行猶予や減刑に影響する可能性があるので、重要な弁護活動です。
逮捕・交流されたくない場合の解説はこちらをご覧ください。
執行猶予をつけたい場合の解説はこちらをご覧ください。

 被害届・告訴取下書【Word】

 被害届・告訴取下書【PDF】

 

 

犯罪被害者との弁償に関する報告書

書式この書式は、犯罪被害者に対して被害弁償したときに、裁判所等へ提出する報告書のサンプルです。
弁護活動としてベストな結果は示談の成立です。示談が成立する起訴前であれば不起訴になったり、起訴後であれば執行猶予がつきやすくなります。
しかし、被害者の方によっては被害感情から示談に応じてくれない方もいます。また、示談金として十分な額は用意できない場合も有ります。
そのような場合、示談まではいかなくても、一定の金銭を受け取ってくれる場合があります。
これが被害弁償です。被害弁償の場合は、被疑者・被告人が反省していることを示す一事情ですので、有利な情状としてはたらく可能性もあります。

逮捕・交流されたくない場合の解説はこちらをご覧ください。
執行猶予をつけたい場合の解説はこちらをご覧ください。

 犯罪被害者との弁償に関する報告書【Word】

 犯罪被害者との弁償に関する報告書【PDF】

 

 

会社上司からの嘆願書

書式この書式は、会社の上司の方から被告人の罪について寛大な処分にしてほしい旨嘆願する際のサンプルです。
会社では真面目に勤務していた、評価が高かった、などの事情は、被告人が社会復帰できる可能性が高いことを示すものであり、有利な情状のひとつになると考えられます。
サンプルでは、被告人が懲戒解雇されたことを記載していますが、在籍していても勿論構いません。
なお、解雇されたということは、社会的制裁をすでに受けているという点で有利な情状にはたらく可能性があります。
執行猶予をつけたい場合の解説はこちらをご覧ください。

 会社上司からの嘆願書【Word】

 会社上司からの嘆願書【PDF】

 

 

採用予定者からの上申書

書式この書式は、被告人が出所したとき、採用する予定であることを示す書面のサンプルです。
被告人に就職先があることは、被告人が社会復帰できる可能性が高いことを示すものであり、有利な情状のひとつになると考えられます。
裁判官がこのような情状をどの程度考慮してくれるかは一概に言えませんが、当事務所の刑事専門弁護士は、少しでも被告人の刑が軽くなるように様々な取り組みをしています。
執行猶予をつけたい場合の解説はこちらをご覧ください。

 採用予定者からの上申書【Word】

 採用予定者からの上申書【PDF】

 

 

保釈請求書(起訴後・強姦罪)

書式この書式は、強姦罪で起訴された後に保釈を請求する書面のサンプルです。
保釈請求においては、罪証隠滅の可能性の不存在、逃亡の虞の不存在、保釈の必要性についての具体的な記載が求められます。
あくまで一例ですので、素人の方は参考程度にとどめ、専門の弁護士へのご相談を強くお勧めします。
保釈について、解決方法はこちらをご覧ください。
なお、強姦罪の解決方法についての詳しい説明はこちらをご覧ください。

 保釈請求書(起訴後・強姦罪)【Word】

 保釈請求書(起訴後・強姦罪)【PDF】

 

 

保釈請求の際の身元引受書(起訴後・強姦罪)

書式この書式は、保釈を請求する書面と合わせて提出する身元引受書のサンプルです。
サンプルは、強姦罪で起訴されている被告人についてのものです。
保釈された場合は、相応しい者が身元引受人となること、その身元引受人が責任を持って監督することを記載することで保釈の成功確率が高まります。
保釈について、解決方法はこちらをご覧ください。

 保釈請求の際の身元引受書(起訴後・強姦罪)【Word】

 保釈請求の際の身元引受書(起訴後・強姦罪)【PDF】

 

 

被疑者に寛大な措置を求める上申書(窃盗罪)

書式この書式は、捜査段階の被疑者が起訴されないように寛大な措置を求める上申書のサンプルです。
このサンプルは万引き(窃盗罪)を行った母親を想定して作成しています。
万引きについては、多くの店舗が示談だけでなく、被害弁償にすら応じないという場合があります。
このような場合、法務局に供託するという方法が考えられます。
供託は、被疑者が反省していることを示す事情であることから、担当検事に報告して起訴を見送ってもらうように上申することがあります。
窃盗罪についてくわしくはこちらをごらんください。

 被疑者に寛大な措置を求める上申書(窃盗罪)【Word】

 被疑者に寛大な措置を求める上申書(窃盗罪)【PDF】

 

 

勾留請求に対する準抗告申立書

書式この書式は、勾留の裁判に対する準抗告(不服申立て)の書面のサンプルです。
この書面は、窃盗罪で勾留された場面を想定しています。
準抗告申立書では、罪証隠滅を疑う相当の理由がないこと、逃亡を疑う相当な理由がないこと、勾留の必要性がないこと等について、具体的に主張します。
逮捕・交流されたくない場合の解説はこちらをご覧ください。

 勾留請求に対する準抗告申立書【Word】

 勾留請求に対する準抗告申立書【PDF】

 

 

接見禁止一部解除申請書

書式この書式は、接見禁止等禁止を受けた被疑者が一部の者との接見を求めて一部解除を申請する書面のサンプルです
この書面では、窃盗罪で身柄拘束されている被疑者が妻との接見を求める場面を想定しています。
接見禁止の解除申請においては、罪証を隠滅すると疑うに足りる相当な理由の不存在と接見の必要性についての具体的な記載が求められます。
あくまで一例ですので、素人の方は参考程度にとどめ、専門の弁護士へのご相談を強くお勧めします。
刑事事件の流れについてのくわしい解説はこちらをご覧ください。

 接見禁止一部解除申請書【Word】

 接見禁止一部解除申請書【PDF】

 

 

告訴状

書式この書式は、犯罪被害者の方が弁護士に依頼して犯罪者を刑事告訴するときの告訴状のサンプルです
この書面では、恐喝未遂罪での告訴を想定しています。
刑事告訴は、実務上、捜査機関が消極的であり、受理してくれないことがあります。刑事事件に詳しい弁護士に相談しながら対応を検討しましょう。

 告訴状【Word】

 告訴状【PDF】

 

 

告訴委任状

書式この書式は、刑事告訴を弁護士に依頼するときに使用する委任状のサンプルです
告訴状については上記のサンプルを参考にしてください。

 告訴委任状【Word】

 告訴委任状【PDF】

 

 


  裁判では99%が有罪 WEB予約はこちら