少年事件に関する質問

質問アプリで自首するように言われたが、これは自発的な自首に当たる?

自首について質問です。

1、質問アプリで「自首しなさい」と言われてから自首したらそれは自発的に自首したということになるのでしょうか?
2、僕が自首を望む理由は、早く保護処分を受けて更正したいということと、14歳未満の今の内に自首した方がいいと思って自発的に自首することを決めたのですが、質問アプリで「自首しなさい」と言われて、自発的ではないと誤解されることはありますか?
3、親と一緒に行った方がいいですか?

 

弁護士の回答

1、について
自首になります。自首に当たるか否かの基準は、捜査機関が既に事件と被疑者を把握しているかどうかです。アプリで自首しなさいといわれて出頭しても、問題ありません。ただ、当然ながら、捜査機関が既に事件と被疑者を把握している可能性がありますから、絶対に自首になるというわけではありません。

2、について
自首しなさいと言われたことをきっかけとして、あなたが自主的に自首を決意したのでしたら、全く問題ありません。

3、について
親と一緒に行くか、弁護士と一緒に行くことをお勧めします。当事務所には自首同行サービスがあります。不安があるようでしたら、自首の前に一度ご来所ください。

 

 

宿泊勉強合宿で娘が怪我をさせられたが、加害者保護者から謝罪もない。弁護士は被害者側がつけるもの?

娘が今年の6月に学校行事であるスクーリングという宿泊勉強合宿で怪我をさせられ警察に相談しやっと本日警察から連絡があり、暴行罪で家庭裁判所に送致という結果を聞きましたが、加害者保護者からの謝罪もなく怒りしかありません。

弁護士は被害者側がつけるものなのでしょうか。

  • 娘17歳(事件被害当時16歳)
  • 加害者も同高校生であり同級生
  • 学校はほぼ非対応
  • 学校管理下を指摘すると関わりたくないと言われ無視されている状況
  • 加害者側保護者からの謝罪無し
  • しかし一方的な言い分の手紙投函あり
  • こちらは住所等一切教えておらず学校側が無許可で加害者側に住所を教える
  • 娘はこの事件で負傷した怪我の治療・投薬継続

 

弁護士の回答

刑事無料メール相談のご利用、ありがとうございます。

刑事事件に注力する弁護士が回答いたします。

加害者から謝罪がないことに対するお怒りはごもっともです。

以下では、示談交渉についてのご質問として回答いたします。

加害者は、示談をすることによって、刑事処分や少年事件の審判結果をより軽いものにしようというモチベーションがありますので、一般的には加害者が弁護士(少年事件の場合には付添人)を選任して、示談交渉を行うことが多いです。

家庭裁判所に送致された段階ではまだ処分が決まっているわけではありませんので、今後連絡がくる可能性もあるかと思います。

示談を行う際には、加害者の処分に有利に考慮されるという点を十分に理解した上で、合意をされてください。

ただし、加害者が付添人を選任しなくとも、少年事件の手続きに沿って粛々と処分が決まっていきますので、加害者から示談の申し入れがない場合には、残念ながら被害者が損害賠償請求をするしかありません。

ご自身で交渉や裁判を行うことは困難でしょうから、弁護士を選任して任せることも当然検討されるべきでしょう。

不法行為に基づく損害賠償請求(民法709条)として賠償を求めた場合には、損害額の10%程度が弁護士費用として相手方に負担を求めることも考えられます。

慰謝料や治療費の請求を行うためには、通院や治療を行なった際の領収証等の証拠をしっかりと保管しておく必要があります。

学校の法的責任については、ご質問内容のみでは判断できかねますが、暴行事件が発生した経緯や監督体制次第では、学校も賠償義務を負うことがありうるかもしれません。

学校の問題に精通している弁護士に直接ご相談されることをお勧めします。

 

 

お悩み別解決方法

  • 自首を考えている
  • 逮捕・勾留されたくない
  • 前科をつけたくない
  • 示談してほしい
  • 告訴されたくない
  • 執行猶予をつけたい
  • 釈放・保釈してほしい
  • 今すぐ面会・差入れしてほしい
  • 会社・学校に知られたくない
  • 資格や職業を制限されたくない
  • 無実である
  • テレビや新聞で報道されたくない
  なぜ弁護士選びが重要なのか

  裁判では99%が有罪   WEB予約はこちら