児童福祉法違反の被疑事実で逮捕・勾留・起訴されたものの、保釈・執行猶予付き判決を獲得した事例


罪名 児童福祉法違反
解決までの期間 1ヶ月
弁護活動の結果 保釈・執行猶予付判決

Hさん(40代男性 / 福岡市博多区)

 

身体解放を求めるも、拘束が続いていたHさん

Hさんは、派遣業を営む経営者です。

Hさんは、17歳の少女を、22時以降も客に接する業務に従事させるキャバクラ店に派遣したとして、児童福祉法違反の疑いで逮捕され起訴されるに至りました。

起訴後、身体解放を求めていましたが、保釈請求を国選弁護士がしてくれずに、身体拘束が続いていました。

身体拘束の苦痛が大きく、本人も限界のようであるとして、私たちの元に、Hさんのご家族が相談に来ました。

 

 

すぐに保釈申請をし、翌日には釈放に

弁護士のイメージイラスト弁護人は、すぐに接見に行きました。

Hさんから犯罪事実の内容、認否、Hさんの前科関係等を聞き、保釈請求が認められる可能性が十分にあると判断した私たち弁護人は、即日で保釈請求書を裁判所に提出しました。

その際、保釈の可能性を高めるべく、裁判に必ず出頭する旨の本人の誓約書及び家族の身元引受書を併せて提出しました。

裁判所は、翌日保釈を認める旨の決定を出し、Hさんは2ヶ月ぶりに釈放されました。

 

 

丁寧な示談交渉、適切な証拠収集、模擬裁判での練習により、執行猶予付きの判決に

Hさんは、保釈はされましたが、執行猶予が確実な事案ではありませんでした。

そこで私たち弁護人は、まずは被害児童の両親との示談を成立させることが重要であると考え、謝罪に出向き、示談を成立させました。

さらには、Hさんが派遣を主導したのではなく、派遣先会社がHさんに未成年児童を引き渡すように強く求めてきていたことを示す証拠を収集しました。

その他、有利な証拠として、Hさんと被害児童が良好な関係にあったことを示すLINEのやり取り、Hさんが被害児童を派遣する際には必ず送迎をしていたことを示す領収書・LINEのやり取り、Hさんが自らの意思で派遣をやめ、違法状態を解消していたことを示す日誌等を証拠として確保しました。

そして、事務所内の模擬法廷で、来たる裁判に向けて被告人質問及び情状証人尋問のリハーサルを行いました。

裁判では、有利な証拠を提出するとともに、被告人・情状証人の反省供述を引き出しました。

リハーサルの甲斐があり、反省を裁判官にしっかり伝えることに成功したHさんは、執行猶予付の判決を獲得することができました。

 

 

今回のポイント

保釈のイメージイラスト国選の弁護士をそのまま選任し続けていた場合、保釈請求をしてもらえず、身体拘束をされたまま裁判を迎えることになったでしょう。

その場合、有利な証拠は十分に発見できず、模擬法廷でリハーサルを行うことも不可能でした。

場合によっては、実刑判決を受けていた可能性もあるでしょう。

また、Hさんは、会社を経営していました。

早期に身体釈放されたことによって、会社の停滞・損失を最小限に食い止めることができ、結果的に従業員や従業員の家族を守ることにも繋がりました。

私選で弁護人を選任することによって、身体拘束を短期化すること及び執行猶予を獲得することに成功したケースです。

児童福祉法違反で逮捕・起訴されお困りの方は、刑事事件に注力する弁護士が在籍している当事務所にまずはお気軽にご連絡ください。

 

 

刑事事件の解決事例一覧

  裁判では99%が有罪 WEB予約はこちら