児童福祉法違反に関する質問

出会い系アプリで出会った子が実は未成年だったと警察から家宅捜索された。今後どうなる?

今日警察が家に来て家宅捜索とケータイを差し押さえられました。

原因は2か月前に出会い系アプリで出会った子が実は未成年で、その子が別件にて補導された際に私と会ったことを話したそうです。

なお、被害届などは出しておらず、強制わいせつではないとも警察の方に教えていただきました。

そして逮捕もされず、後日もう一度お話が聞きたいとだけ言われ、今日は帰宅しました。

この場合、今後どうなってしまうんでしょうか。よろしくお願いいたします。

 

弁護士の回答

刑事無料メール相談のご利用、ありがとうございます。刑事事件に注力する弁護士が回答いたします。

 

1 犯罪の成否・逮捕の可能性


18歳未満の児童と性交等を行なった場合、18歳未満であることを知らなかったことにつき、過失すら認められない場合を除いて処罰規定がある都道府県がほとんどですので、ご質問の件で警察から捜査を受けているのであれば、青少年健全育成条例違反の罪とされていることと思います。

利用しているアプリが年齢制限を設けていたという理由のみで過失が否定されることはなく、公的な身分証明証によって年齢を確認する等、何か18歳以上であると判断することにやむを得ない事情がなければならないことが多いです。

被害届が提出されていないということですが、青少年健全育成条例違反の罪は、起訴するために被害届の提出や刑事告訴が必須の犯罪ではありませんので、被害届が提出されていない本件でも起訴される可能性は十分にあります。

身体拘束については詳しい事情が分かりませんので、断定はできませんが、現段階で逮捕されていないのであれば、警察が任意で取り調べを進めていこうと考えているものと思われますので、きちんと取り調べに出頭していれば今後も逮捕される可能性は低いのではないかと思われます。

 

2 今後の流れについて


捜査の流れですが、警察で一通りの捜査が完了した後、検察官に事件が送致されます。

その後、検察官が証拠を検討し、起訴不起訴の判断を行いますが、その過程で少なくとも一度は検察官に呼ばれて話をすることになるでしょう。

今後は不起訴処分や刑事処分の軽減を目指して、児童との間で示談を行ったり、周囲の環境を含めて再犯防止が十分に期待できるよう変わったりすることが必要になってきます。

最終的な処分の見通しを立てるには情報量が少なすぎますので、ご不安なようであれば、お近くの弁護士にご相談されてはいかがでしょうか。

 

 


  なぜ弁護士選びが重要なのか

  裁判では99%が有罪   WEB予約はこちら