児童が別事件で補導され、買春が発覚。自分も逮捕される?


慌てる男性児童が補導され、児童売買春が警察に発覚してしまいました。逮捕されてしまうのでしょうか?

 

 

弁護士の回答

児童買春は、多くのケースが発覚します

少年犯罪児童買春をしても、双方合意の下であるから、基本的に警察に発覚しないと考えている方が多くいますが、実際にはそうではありません。

売春をする児童は、夜遊びや危険な遊びをすることが多く、不良グループに属しているケースや家出をしているケースが多いため、補導される可能性が高くなっており、補導をきっかけに児童買春の事実が発覚する可能性が相当程度あります。

児童が補導されると、児童の携帯電話が没収され、データを見られることになるため、そこで、児童買春の事実が発覚してしまうのです。

 

 

 

児童買春は、多くのケースが逮捕に至ります

若い女性の後ろ姿児童買春は、児童の健全な成長を阻害する犯罪であり、重大犯罪であるとされています。

そして、更なる被害児童を生み出しかねない点もあり、逮捕に至るケースが多くなっています。

児童買春が警察に発覚した場合、逮捕を覚悟する必要があるといえるでしょう。

 

 

 

逮捕されないためにできること

逮捕確実に逮捕されない方法はありませんが、逮捕される可能性を大きく下げる方法はあります。

それは、自首をすることです。自首をすることにより、あなたの反省や、犯罪から逃げるつもりがない姿勢を示すことができます。

自首の際に、弁護士が同席すれば、逮捕の可能性はますます小さくなるということができるでしょう。

当事務所には、自首同行サービスがありますから、自首を検討中の方は、まずはこちらをご覧ください。

すでに事件化している場合であれば、弁護人を選任し、弁護人選任届を捜査機関に提出し、弁護人を通じて被害者両親への謝罪・示談交渉を早期から行うことによって、逮捕の可能性を下げることができます。

 

 

児童買春でお困りの方は、お電話ください

当事務所には、刑事事件チームが設置されています。

デイライト法律事務所ロゴ児童買春の問題でお困りの方には、刑事専門の弁護士が対応し、今後の方針をわかりやすく説明します。

児童買春の問題でお困りの方、ご家族が逮捕されてしまった方、まずはお気軽に、当事務所にご連絡ください。

 

 

児童買春事件について  

犯罪別『児童買春』についてよくある相談

 

 

お悩み別解決方法

  • 自首を考えている
  • 逮捕・勾留されたくない
  • 前科をつけたくない
  • 釈放・保釈してほしい
  • 無実である
  • 執行猶予をつけたい
  • 会社・学校に知られたくない
  • テレビや新聞で報道されたくない
  • 資格や職業を制限されたくない
  なぜ弁護士選びが重要なのか

  裁判では99%が有罪   WEB予約はこちら