18歳未満であることを隠されていた場合も児童買春?


疑問に思う男性児童から、18歳未満であることを隠されていたのですが、それでも児童買春の罪は成立してしまいますか?

 

 

弁護士の回答

故意があったと判断されれば、児童買春の罪は成立します

逮捕児童買春の罪は、児童買春の事実と、児童買春の故意があった場合に成立します。

児童から、18歳未満であることを隠されていた場合であっても、あなたに故意があったと判断されれば、児童買春の罪が成立します。

故意とは、「女性が18歳未満であると認識していた」場合に限らず、「女性が18歳未満かもしれないと認識していた」場合も含まれます。

そのため、隠されていたから無罪放免、とはいきません。

 

 

取調べの注意点

取り調べ取調べにおいては、捜査機関の警察や検察が、あらゆる手を使い、あなたの「女性が18歳未満かもしれないと認識していました」という供述を含む調書を作成しようとしてきます。

真実と異なる調書が作られぬよう、注意が必要です。

場合によっては、弁護士を選任し、不当な取調べに抗議する必要があることもあるでしょうし、黙秘という選択を選ぶべきケースもあるでしょう。

しかし、児童が18歳以上であると信じた具体的な理由を説明することで疑いが晴れることもあります。

弁護人と入念に打ち合わせをして取調べに望むべきでしょう。

 

 

示談という選択肢

若い女性の後ろ姿児童が、18歳未満であると明言しなかった場合であっても、客観的に児童買春の事実があるのであれば、児童は被害者であるといえます。

その意味で、ケースバイケースではありますが、児童の両親との間で、示談交渉を開始することも選択肢としてあります。

示談が成立すれば、処罰の必要性が小さくなり、減刑することができますし、場合によっては不起訴処分を得られることもあります。

 

 

弁護人選任の勧め

弁護士宮崎晃児童買春の事件は、取調べ対応を誤ると取り返しがつかなくなるケースが多いですし、示談交渉をする意義も大きい事件です。

そのため、児童買春をしてしまいお困りの方には、逮捕される前に、私選で弁護人を選任することをお勧めしています。

当事務所には、刑事事件に注力する弁護士が在籍していますから、まずはお気軽にご連絡ください。

 

 

児童買春事件について  

犯罪別『児童買春』についてよくある相談

 

 

お悩み別解決方法

  • 自首を考えている
  • 逮捕・勾留されたくない
  • 前科をつけたくない
  • 釈放・保釈してほしい
  • 無実である
  • 執行猶予をつけたい
  • 会社・学校に知られたくない
  • テレビや新聞で報道されたくない
  • 資格や職業を制限されたくない
  なぜ弁護士選びが重要なのか

  裁判では99%が有罪   WEB予約はこちら