18歳以上と信じて関係を持った。嘘だった場合児童買春になる?


慌てる会社員18歳以上と女性に言われたのでそれを信じて買春しましたが、実は児童だったのではないかと不安です。

児童買春の罪が成立してしまいますか?

 

 

弁護士の回答

児童買春の罪が成立するためには、児童買春の事実と、児童買春の故意が必要です

六法全書児童買春の罪に限らない話ですが、犯罪が成立するためには、客観的に犯罪の事実が存在することと、被告人(被疑者)がその客観的犯罪事実を認識していること(故意)が必要です。

まず、女性が、本当に18歳以上だった可能もあります。

その場合は、客観的に犯罪の事実がないため、児童買春の罪は成立しません。

次に、女性が仮に18歳未満だった場合であっても、あなたが、女性のことを18歳以上と信じたのであれば、あなたに児童買春の故意はないことになりますから、犯罪は成立しません。

 

 

故意については、注意が必要です

取り調べしかしながら、警察や検察は、あなたが真に、女性のことを18歳以上と信じたのか、疑ってかかります。

取調べにおいて、「18歳未満かもしれないと頭をよぎったでしょう」「容姿から、18歳未満かもしれないと分かるはずでしょう」「18歳未満かもしれないと思ったから、年齢を聞いたのでしょう」等と問い詰められます。

実際、故意というのは、確定的なものである必要はなく、未必的なもので足りるのです。

言い換えると、「18歳未満かもしれない」という認識で買春をすると、児童買春の故意があると判断されるのです。

 

 

取調べに注意しましょう

取り調べ取調べにおいては、捜査のプロである警察や検察が、あの手この手で、あなたに未必の故意があったことを示す供述調書を作成しようとしてきます。

自らの認識(真実)と異なる調書が作られぬよう注意が必要です。

場合によっては、弁護士を選任し、不当な取調べに抗議する必要があることもあるでしょう。

 

 

仮に警察から出頭要請があった場合

警察署仮に、警察から出頭要請があった場合、児童買春の故意がなかったことをしっかりと主張していく必要がありますが、場合によっては、示談交渉を行うべきである可能性もあります。

弁護人と入念に打ち合わせをして、方針決定をすべきでしょう。

当事務所には、刑事事件チームが設置されています。児童買春事件でお困りの方は、まずはお気軽に、当事務所にご連絡ください。

 

 

児童買春事件について  

犯罪別『児童買春』についてよくある相談

 

 

お悩み別解決方法

  • 自首を考えている
  • 逮捕・勾留されたくない
  • 前科をつけたくない
  • 釈放・保釈してほしい
  • 無実である
  • 執行猶予をつけたい
  • 会社・学校に知られたくない
  • テレビや新聞で報道されたくない
  • 資格や職業を制限されたくない
  なぜ弁護士選びが重要なのか

  裁判では99%が有罪   WEB予約はこちら