弁護士から見た、児童買春事件での自首のメリットとは?


慌てる男性児童買春をしてしまったかもしれません。

不安なので自首を考えています。

メリットとデメリットを教えてください。

 

 

弁護士の回答

自首のメリット

反省する男性児童買春をした事実が被害児童の補導等により発覚するのではないか、不安な日々を過ごしている方はたくさんいらっしゃいます。

そのような方は、自首の検討をされるとよいでしょう。

当事務所は、児童買春等の犯罪を行い、その発覚を恐れている方々には、自首をお勧めしています。自首同行サービスについてはこちらのページをご覧ください。

児童買春のケースで自首するメリットとしては、①不起訴も含め、刑の減軽がなされる可能性があること②不安定な日々を終わらせることができることの2点が挙げられます。

不起訴も含め、刑の減軽がなされる可能性があること

まずは①についてですが、刑法第42条1項に「罪を犯した者が捜査機関に発覚する前に自首したときは、その刑を減軽することができる。」と規定があります。

児童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律第4条は、「児童買春をした者は、5年以下の懲役又は200万円以下の罰金に処する。」と規定しています。

実刑の可能性が十分にありうる法定刑ですから、自首することにより、刑の減軽を目指す意義は大きいといえます。さらにいえば、自首することによって、「不起訴処分」を獲得できる可能性も高まります。

取り調べ検察官は、児童買春の罪を起訴するか否かを検討するに際し、「更なる被害児童が生まれないか」という観点から、被疑者の反省や更生可能性に着目します。

自首する人は、反省し人生をやり直そうとしている人ですから、反省や更生可能性があると検察官にも伝わるでしょう。

その結果、不起訴処分の可能性が高まるのです。同時に、逮捕・勾留等の身体拘束のリスクも軽減することができます。

不安定な日々を終わらせることができること

次に②についてです。法律的な問題ではありませんが、早期に刑事事件として捜査を開始してもらい、処分を受けたほうが、気持ちの上で楽であることは間違いないでしょう。

カレンダー一般的な児童買春であれば、半年もあれば捜査は終了し、刑も確定します。

発覚を先延ばしにすれば、刑事事件の終了もその分だけ先延ばしにされてしまい、不安な日々が長く続くことになります。

 

 

自首のデメリット

自首するデメリットをあえて述べるとすれば、やはり「バレないはずだった事実が警察に発覚してしまう」リスクがあることです。

可能な限りバレたくない、逃げ切れるものなら逃げ切りたい、という気持ちを有しているのであれば、自首しない方向にすすむべきでしょう。

秘密や隠ぺい

自首するのか、しないのか、その判断は、児童買春をしてしまった張本人の気持ち次第です。

私たちが何かを強要することはありませんが、当事務所としては、更生の機会を逃すのは本人にとってマイナスであると考えており、自首が望ましいと考えています。

児童買春をしてしまった方、自首し、児童買春行為から決別したいと考えている方、まずはお気軽に、刑事事件に注力する弁護士が在籍している当事務所にご連絡ください。

 

 

児童買春事件について  

犯罪別『児童買春』についてよくある相談

 

 

お悩み別解決方法

  • 自首を考えている
  • 逮捕・勾留されたくない
  • 前科をつけたくない
  • 釈放・保釈してほしい
  • 無実である
  • 執行猶予をつけたい
  • 会社・学校に知られたくない
  • テレビや新聞で報道されたくない
  • 資格や職業を制限されたくない
  なぜ弁護士選びが重要なのか

  裁判では99%が有罪   WEB予約はこちら