公然わいせつに関する質問


質問①

先日チャットレディーのサイトに登録しチャットを何人かの男性とメールしていたのですが、局部の写真やムービーを要求され、無修正の画像や自慰をしている動画を3、4人ほどに送ってしまいました。

相手も送ってきました。これは1対1のメールでそのほかの人からは見ることはできません。

送った後に色々調べるとわいせつ物頒布等の罪にあたるのではという不安がでてきて、 サイトの運営者に相談してしまいました。

すると、男女間のプライベートのやり取りは監視義務がなく、個人の責任になると言われました。通報などされるのか不安です。

わたしのチャット履歴は消し、相手の方にも犯罪だと知り不安なのでわたしが送ったものは消してくださいと言いました(消したと言っていますが本当のところはわかりません)。

これに加え、居ても立っても居られず警察の本部へ私がしてしまったことを自分自身電話で相談しました。そのところ、法の専門家ではないからこの罪にあたる可能性はあるが微妙だと思う、問い合わせなどないから今は何もできない、今できることといえばサイト内の動画や画像を消去しておくことと言われました。

前科はありません。また、報酬はメールや電話で18000円ほどいただいており、報酬をもらってから1ヶ月間は退会できないというルールからまだ退会はできていません。しかしログインはもうしていない状態です。

自分が許されないことをしてしまったのは分かっているのですが警察と運営者に相談してしまったため、捜査の端緒を掴まれてしまったのではないかと不安です。

警察は相手やサイトの通報などがなくとも わたしの相談から捜査を始めることがあるのでしょうか?それとも警察の「問い合わせがないから今はなにもできない」を信用していいのでしょうか?

色々なサイトを見ると1対1でも逮捕されているという人と、公然性がないから逮捕されないという方で分かれています。また、警察は加害者が相談した時点ですぐに事件化しようとするという記事を見て余計不安になっております。

法に触れてしまう可能性があるのは色んな方の回答でわかりましたが、 これまでにサイト内1対1で同意の上、数人に無修正画像やムービーを見せてしまい事件になった例はあるのでしょうか?これは弁護士さんに直接相談してなにか対処するべきでしょうか?

 

 

弁護士の回答

刑事専門の弁護士が回答いたします。

与えられた情報を総合しますと、現時点で逮捕される可能性は、限りなく低いと考えられます。

特定の相手の要求に応じて、その者に画像や動画を送っているだけですから、頒布の要件を満たしません。

一人に送るだけでも、不特定多数の者に送った「疑いがある」として逮捕されるケースはありますが、そのようなケースは、チャットレディ等を用いず、わいせつな動画を、求めてもいない人に送りつけ、その受信者が警察に被害を届け出たようなケースがほとんどでしょう(嫌がる人に無理やり送りつけるような人こそ、一人の者に送っている事実だけで、不特定多数の者に送りつけている可能性が認められるでしょう)。

チャットで、要求に応じて動画を送っただけの者に、不特定多数の者に動画を送っている疑いはなかなか持てません。したがって、警察が、あなたからの告白情報のみで、事件として捜査を開始する可能性はそこまで高くありません。

あなたが、「元交際相手の興味を引きたくて、相手が嫌がるのを分かりつつ、裸の写真を送ってしまいました」であるとか、「裸を見られることに興奮を覚える性癖があり、友人に裸の写真を無断で送ってしまいました」であるとかいった内容の話を警察にしたようなケースと比較してみるとわかりやすいかなと思います。

強いて不利な点を挙げるとすれば、数人に送信している点です。あなたには、裸を見られたい性癖があるのではないか、とすれば不特定多数の者にも送信しているのではないかというかたちで推認されてしまうかもしれません。

弁護士に相談に行かれることは、当然ながら問題ありません。より細かい内容を相談し、法的アドバイスを受けるとよいでしょう。

しかし、相談を超えて、弁護人をつけるまでの必要があるのかどうかは、あなたがどこまで不安な日々を送っているか、不安をどこまで解消したいと考えられるかによるでしょう。

現時点で弁護人が行う弁護活動はそこまで多くはありません。強いていえば、相手方に動画の削除を弁護人から再度求め、削除をしっかりと確認することでしょう。

また、何時でも相談できるお守りのような存在として、今の段階から弁護人を選任しておくことも考えられますが、費用がかかるので、慎重に検討すべきでしょう。

公然わいせつ事件に関する当事務所の弁護方針はこちらをごらんください。

 

 

質問②

ある匿名のトークアプリで知り合った女性から胸の画像を送られ、次に私の性器の写真を送ってほしいと要求され、つい送ってしまいました。

私は20歳を超えており、相手の方は19歳(自称)です。これは一対一のサービスで他の人からは見ることができません。

ことが終わり、色々調べるとわいせつ画像頒布等の罪にあたるのではないかと不安になり連絡させていただきました。

色々調べているうちに不安になり、相手の方にその旨を連絡すると相手の方もそのことで後悔しており、もう二度としないこと、アプリをアンインストールすることをし連絡をやめました。

自分が許されないことをしているのはわかっていますが逮捕等されるのではないかと不安です。画像も消去ができない仕様なのでやむなくアンインストールをしました。

今後逮捕等されるのでしょうか?また、なにか連絡などが来るのかが不安です。

 

弁護士の回答

わいせつ物頒布罪の条文は、「わいせつな文書、図画、電磁的記録に係る記録媒体その他の物を頒布し・・・た者は、2年以下の懲役若しくは250万円以下の罰金若しくは科料に処し、又は懲役及び罰金を併科する。」としています。

頒布の意味については、古い判例ですが、大判大正15.3.5刑集5.78が、「頒布とは、不特定多数の人に対し配布することをいうが、当然若しくは成り行き上不特定多数の人に配布されるべき場合には、現に配布を受けたものが数名でも、頒布があったと解することができる。」としています。

あなたが一人の女性にのみ、相手の希望にこたえてわいせつ物を配布しただけであれば、わいせつ物頒布罪は成立しない可能性が高いといえます。

また、一人への配布のみでも、拡散の可能性があったのであれば、犯罪が成立する可能性がありますが、あなたは、相手に連絡をし、不特定多数の者へ拡散されるリスクを抑えていますから、そのことも踏まえると、警察が事件化をする可能性は低いように思います。

以上要するに、今後逮捕される可能性は低いですし、警察からの連絡が来る可能性も低いと考えられます。

ただ、可能性はゼロとまではいえませんから、もし連絡が来た場合には、再度ご相談ください。刑事事件に注力する弁護士が対応いたします。

 

 

質問③

深夜マンションに囲まれた結構人通りのある路上で若くてきれいな女性が全裸でコート一枚で露出していた(下の毛もそっていてツルツルでした)のをたまたま発見し、「AVですか?見せてくれませんか?」と話しかけましたが逃げられそうになったため、ちょっと待ってと手を出し通せんぼしたら肩らへんに当たりそれと同時に女性に手を跳ね除けられました。

叫ばれ、近隣の住人が駆けつけ、当然私が犯人かのように見られましたが、女性は「大丈夫です」と住人に説明したので、住人からはそれ以上は問い詰められませんでした。

女性は車で帰っていきました。 住んでるマンションの防犯カメラなので私はすぐ特定できますがもう一か月たっています。

私はどのような罪になるのですか?

相手の女性には怖い思いをさせたと大変申し訳なく思っています。

以前も同じ女性が全身露出を見たことがある(その時はスルーしました)ので、常習ですが、それ以来は見ていません。

先ほどの件に追記でございます。 女性は全裸の姿を自分の携帯で動画か写真などを撮る趣味があってそうしているようでした。

あと気になったので教えていただきたいのですが、もし本当に猥褻な部分を触った場合など、罪には問われるのでしょうか?

考え方によれば私は公然わいせつの被害者ですので過失相殺とかにはなりますか?

一般の女性にどうこうした場合などではなく、明らかに性的な欲求を掻き立てている公然わいせつ者ですので、かなり珍しい事例なのかその場合の例などどこを調べても載ってるわけがなく、教えていただきたいです。

同じ事ですが例えば男が全身露出していて女性が触ってあげた場合も女性は罪になりますか?よろしくお願いいたします。
 

弁護士の回答

刑事専門の弁護士が回答いたします。

手を出し通せんぼした行為は、暴行罪に該当するのではないかと考えられます。

刑法208条「暴行を加えた者が人を傷害するに至らなかったときは、2年以下の懲役若しくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する。」

女性の意に反してわいせつ部分を触れば、強制わいせつ罪もしくは痴漢の罪(福岡県迷惑行為防止条例違反)になります。

過失相殺は、民事上の問題ですので、刑事上の処分との関係では、さして影響しません。

そもそも民事上の問題としても、あなたの故意によるわいせつ行為で相手に生じた損害と、あなたが公然わいせつ行為を受けて被った損害は、別の損害なので、それぞれ独立して検討されます。過失相殺はされないということです。

「同じ事ですが例えば男が全身露出していて女性が触ってあげた場合も女性は罪になりますか?」

男性の求めに応じて触ったのであれば、強制わいせつ罪は成立せず、公然わいせつ罪の共同正犯ということになります。

 

 


  なぜ弁護士選びが重要なのか

  裁判では99%が有罪   WEB予約はこちら