盗撮をしてしまいました。会社や家族にばれてしまいますか?


弁護士の回答

逮捕・勾留を避けることができれば、会社や家族への発覚リスクは下がります

捜査盗撮をしてしまった場合、警察は捜査を開始します。

あなたに対し、任意で取調べを行うこともあれば、逮捕し身体拘束状態を作り出して取調べを行うこともあります。

逮捕されてしまうと、最大72時間身体拘束されますから、家族に事実を隠すことは難しくなるでしょう(警察から逮捕の連絡がいくこともあります)。3日程度ですから、(家族の協力が得られれば)会社には、ばれずに済むことが多いでしょう。

起訴までの流れの解説しかしながら、勾留されてしまうと、逮捕の後、さらに最大20日間身体拘束を受けることになります。

このような状況になるとさすがに会社に事実を隠すことも難しくなります。盗撮をしてしまった場合に、会社や家族に事実が知れ渡るリスクは、逮捕・勾留されるか否かによる部分が大きいといえます。

逮捕・勾留されないためには、早期に弁護士を選任し、被害者に謝罪し示談を試みることが重要です。

また、逮捕された直後であっても、諦めることはありません。弁護人を選任し、勾留を争うことによって、早期に釈放される可能性があります。

デイライト法律事務所ロゴ当事務所には、初回接見サービスがありますから、ご家族が逮捕されてしまった方は、ぜひご利用ください。当事務所の初回接見・差入れサポートについてはこちらをごらんください。

盗撮をしてしまったご本人は、逮捕・勾留される前に、当事務所にご相談ください。

 

 

逮捕されなくても、発覚のリスクはあります

盗撮しかしながら、逮捕・勾留されないからといって、確実に会社や家族に知られないというわけではありません。

警察は、あなたを逮捕・勾留しないにしても、在宅事件として捜査を継続し、証拠の収集を進めます。そして重要な証拠として挙げられるのが、あなたの自宅パソコンや職場のパソコンのデータ、あなたが自宅か職場に所持しているかもしれないSDカードのデータ等です。

警察は、それらを押収すべく、自宅や職場に、捜索に入る可能性があります。

捜索に入られれば、盗撮の事実を隠すことは難しくなるでしょう。

 

 

可能な限り、発覚を防ぐために

弁護士牟田口裕史可能な限り、発覚を防ぐためには、警察に、「逮捕・勾留する必要がない、捜索差押もする必要がない」と思わせるほど、全てを正直に話し、自らの過ちを受けとめ、警察の捜査に全面的に協力することが重要です。

場合によっては、被疑者・弁護人側から任意に証拠を提出することも考えられてよいでしょう。

事案により、警察の着眼点や捜査手法は変わってきますから、選任した弁護士と入念に打ち合わせをすることも重要です。

当事務所には、刑事事件に注力する弁護士が在籍しています。まずはお気軽にご連絡ください。

 

 

盗撮事件について

 

犯罪別『盗撮』についてよくある相談

 

 

お悩み別解決方法

  • 自首を考えている
  • 逮捕・勾留されたくない
  • 前科をつけたくない
  • 釈放・保釈してほしい
  • 無実である
  • 執行猶予をつけたい
  • 会社・学校に知られたくない
  • テレビや新聞で報道されたくない
  • 資格や職業を制限されたくない
  なぜ弁護士選びが重要なのか

  裁判では99%が有罪   WEB予約はこちら