盗撮による罰金刑を受けた1年後に再度盗撮をしてしまい逮捕されたものの、勾留を争い2日での釈放に成功し、示談成立で略式処分を獲得した事例


罪名 盗撮の罪
解決までの期間 2ヶ月
弁護活動の結果 示談成立、罰金刑

事例人物

Kさん(60代)

盗撮の前科があり依存症だったKさん

盗撮Kさんは、盗撮の依存症があり、前科を持っていました。

罰金刑を科され、もうしないと妻に誓約したKさんですが、1年後、盗撮をするに至ってしまい、被害者に写真を撮られ、後日逮捕されました。

Kさんの妻は、逮捕された夫の状況が心配となり、当事務所を訪れました。

当事務所の刑事専門弁護士が対応し、当日に初回接見に行きました。

勾留を争ってほしいという希望もあり、弁護人として活動を開始しました。

 

弁護活動により求刑から大幅な減刑を獲得

まずは担当の警察官・検察官に受任の通知をし、被害者の連絡先を聞きだしました。

検察官には、示談交渉を進めること、本人は住居も仕事も明らかであり、逃亡のおそれがなく、勾留する必要は皆無であることを説明し、妻の誓約書も併せて提出しました。

検察官は、勾留請求の予定であると初めは述べていましたが、結局は勾留請求をせず、在宅事件とする方針に切り替えてくれました。

私たちは、示談交渉を進め、被害者に対し、今後の流れを説明し、民事上の解決が双方にとって望ましいことを粘り強く説明しました。

女性は既婚者であり、夫が激しく怒りを見せていましたが、最後は納得をし、一定額の示談金をお支払いする代わりに被害届を取り下げるということで合意に至りました。

示談ができたことにより、懲役刑は免れ、再度の罰金刑で刑事上の処分は終了しました。

なお、罰金額は、示談が成立していることもあり、低額なものとなりました。

 

 

今回のポイント

ポイントKさんは、盗撮をやめれない自分に苦しんでいました。

私たちは、弁護人として何かサポートできないか考え、Kさんを性犯罪加害者更生支援団体に案内しました。

また、精神科等での治療も案内をしました。

現在Kさんは再犯防止、依存症からの脱却に向けて戦っています。

Kさんのご家族からは、示談成立という結果以上に、更生に向けての筋道を立てた点について、感謝を述べられました。

盗撮事件で警察から捜査を受けている方、夫が盗撮をしてしまいお困りの方は、刑事事件に注力する弁護士が在籍する当事務所に、まずはお気軽にお越しください。

 

 

盗撮事件について

 

犯罪別『盗撮』についてよくある相談

 

『盗撮』の解決事例

 

メール相談

 

 

お悩み別解決方法

  • 自首を考えている
  • 逮捕・勾留されたくない
  • 前科をつけたくない
  • 示談してほしい
  • 告訴されたくない
  • 執行猶予をつけたい
  • 釈放・保釈してほしい
  • 今すぐ面会・差入れしてほしい
  • 会社・学校に知られたくない
  • 資格や職業を制限されたくない
  • 無実である
  • テレビや新聞で報道されたくない
  なぜ弁護士選びが重要なのか

  裁判では99%が有罪   WEB予約はこちら