強制わいせつでも示談によって不起訴や執行猶予を獲得できますか?


逮捕強制わいせつをしてしまいました。

示談することによって、不起訴や執行猶予は期待できますか?

 

 

弁護士の回答

示談をし、被害届けを取り下げてもらうことができれば、不起訴の確率が格段に上がります

印鑑強制わいせつは、個人的法益、性的自由に対する罪です。

明確な被害者が存在する犯罪ですので、その被害者と示談し、許しを得ることができれば、国家が刑罰を課す必要はなくなります。

そもそも刑罰は、当人同士で解決ができない問題であるときのためにあるものです。したがって、示談をし、被害届けを取り下げてもらったり、告訴を取り消してもらったりすることができれば、不起訴の確率は大きく高まります。

また、起訴後であっても、示談が成立すれば、量刑に大きく影響します。具体的には、執行猶予がつく可能性を高めることができます。

 

 

示談をするために必要なこと

秘匿示談をするためには、被害者の連絡先を入手することが必要です。

もし会社の部下が被害者なのであれば、既に連絡先を知っているかもしれませんが、被害者の連絡先を知らないケースであれば、警察を通じて、被害者の連絡先を入手する必要があります。

被疑者本人からの問い合わせであると、被害者は連絡先の開示に応じてくれませんから、弁護人を選任し、弁護人を通じて、被害者の連絡先を入手する必要があります。

頭を抱える女性また、被害者は、性的自由を害され、深く傷ついています。

そのため、往々にして示談交渉は難航します。

被害者の心情に最大限配慮した示談交渉を粘り強く行うことが重要となります。

示談交渉においては、基本的には弁護人が被害者に連絡を取ることになりますが、場合によっては、本人も同伴の上で示談交渉に出向いたり、被害者に宛てた謝罪文を渡したりすることもありますから、弁護人の指示に従い、迅速・適切な行動をする必要もあります。

 

 

強制わいせつの疑いをかけられている方へ

ポイント強制わいせつは、早期に弁護人を選任し、示談をすることで、逮捕・勾留のリスクを下げることができますし、不起訴処分の可能性を大きく高めることができます。

当事務所には、刑事事件に注力する弁護士が在籍していますから、まずはお気軽に、当事務所にご連絡ください。

 

 


  なぜ弁護士選びが重要なのか

  裁判では99%が有罪   WEB予約はこちら