事件の数ヵ月後に強制わいせつで逮捕されることもあるって本当ですか?


弁護士の回答

強制わいせつは、数ヵ月後に発覚するケースがあります

時計とノート強制わいせつには様々なパターンがあるところですが、どのパターンにおいても、数ヵ月後に捜査の手が及ぶことがあります。

例えば、会社内部でのセクハラのような類型であれば、数ヶ月は被害者が我慢をして勤務し、やがて限界が訪れ、職場を退社し、警察に相談し、捜査が始まることがあります。

見知らぬ人への強制わいせつ行為であれば、防犯カメラの解析、犯人の行動分析、客観証拠の収集がなされ、数ヵ月後に犯人が特定され、捜査の手が及ぶことがあります。

 

 

当事務所には、自首同行サービスがあります

デイライト法律事務所ロゴ当事務所は、強制わいせつをしてしまい犯罪として発覚することを恐れている方には、自首を勧めています。

自らが犯した強制わいせつの事実から目を背けることは本人のためにならないこと、被害者救済のために繋がること、自首による刑罰の軽減・逮捕・勾留の回避が期待できること等が理由です。また、不安な気持ちから解放されることも期待できるでしょう。

強制わいせつ行為をしてしまい反省をしている方で、自首をお考えの方は、こちらのページをご覧ください。

 

 

強制わいせつをしてしまった方へ

性犯罪強制わいせつの中でも、特に痴漢類型の強制わいせつをしてしまう方々は、何度も繰り返してしまい、止められなくなっている方ばかりです。

強制わいせつ(痴漢)を警察に気づかれずに済んだ方であっても、どこかでけじめを付けなければ、いつか強制わいせつが発覚してしまうでしょう。

また、中には、痴漢行為をやめられずに悩んでいる方もいらっしゃることと思います。また、知人への強制わいせつをしてしまった方にもいえることですが、早急に示談をし、被害を最小限に食い止めるべきでしょう。

当事務所には、刑事事件チームが設置されています。強制わいせつ事件を起こしてしまった方は、まずはお気軽に、当事務所にご連絡ください。

 

 

強制わいせつ事件について

 

犯罪別『強制わいせつ』についてよくある相談

 

強制わいせつの解決事例

 

強制わいせつに関する判例解説

 

 

 

お悩み別解決方法

  • 自首を考えている
  • 逮捕・勾留されたくない
  • 前科をつけたくない
  • 示談してほしい
  • 告訴されたくない
  • 執行猶予をつけたい
  • 釈放・保釈してほしい
  • 今すぐ面会・差入れしてほしい
  • 会社・学校に知られたくない
  • 資格や職業を制限されたくない
  • 無実である
  • テレビや新聞で報道されたくない
  なぜ弁護士選びが重要なのか

  裁判では99%が有罪   WEB予約はこちら