強姦で逮捕。合意の上で性交渉を行ったのに、納得できません。


怒る男性のイメージイラスト強姦で逮捕されましたが、合意の上で性交渉を行ったはずであり、納得できません。

相手女性が「合意はない」と言えば、合意はないことになってしまうのでしょうか?

 

 

弁護士の回答

故意がなければ強姦罪は成立しません。

合意のイメージイラスト強姦罪(現在の正式名称は「強制性交等罪」、以下同じ。)は、故意犯ですから、故意がなければ成立しません。

故意とは、犯罪の条文上の要件に当てはまる行為をしていることの認識をいいます。強姦罪の場合、犯罪の条文上の要件が、「暴行または脅迫を用いて13歳以上の女子を姦淫した」ことですから、このような行為をすることを認識した上で行った場合にのみ、「故意あり」と判断されます。

質問者は、合意があるものと誤信していたのですから、その場合、「暴行または脅迫を用い」た認識はないといえるでしょう。暴行または脅迫を用いずに合意の上で女性と肉体関係を持ったつもりなのですから、「故意なし」と判断されるべき事案といえます。

取り調べなどのイメージイラストですが、警察は、相手女性から被害届・告訴状を受け取った場合には、女性供述に沿う形で事実認定をし、あなたを強姦罪で逮捕する可能性が高いといえます。逮捕されると最大72時間の身体拘束を受けますし、その後に勾留されることになれば、さらに最大20日間の身体拘束を受けることになってしまいます。

 

強姦罪で逮捕・交流されないためには?

逮捕・勾留されないために重要なのは、あなたの考えを説得的に警察官や検察官に伝えることです。

ですが、あなたの主張をどのような形で警察官や検察官に伝えるかは慎重に検討しなければなりません。

逮捕のイメージ画像否認事件、特に強姦罪などの重大犯罪の否認事件については、警察官や検察官は(場合によっては違法な)権力を駆使してあなたに自白を迫ります。長時間の取調べであなたを追い詰め、自白させようとしてきます。

その意味で、取調べに黙秘することが、被疑者の一つの重要な権利ではありますが、黙秘することによってあなたの考えが警察官・検察官に十分に伝わらずに長期間の身体拘束につながってしまう可能性もあります。

黙秘と積極的主張のいずれが相当かは、警察官の取調手法、取調時間、あなたの性格など、様々な事情を総合考慮したうえで、慎重に決定する必要があります。ですので、選任した弁護士と入念に打ち合わせを行うことが必要です。

黙秘が相当と判断する場合には、被疑者に代わって私たち弁護士が、警察官・検察官に被疑者の主張を説得的な形で行います。

弁護士橋本誠太郎イラスト当事務所には、刑事事件に注力する弁護士が在籍しています。

強姦罪で逮捕されないか心配な方、夫や息子が逮捕されてしまった方、身体拘束はされていないが任意の取調べを受けており今後の処分に不安がある方、まずは当事務所にお気軽にご相談ください。

強姦の弁護活動について、詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

強姦事件について  

強姦事件の解決事例

 

犯罪別『強姦』についてよくある相談

 

 

お悩み別解決方法

  • 自首を考えている
  • 逮捕・勾留されたくない
  • 前科をつけたくない
  • 釈放・保釈してほしい
  • 無実である
  • 執行猶予をつけたい
  • 会社・学校に知られたくない
  • テレビや新聞で報道されたくない
  • 資格や職業を制限されたくない
  裁判では99%が有罪 WEB予約はこちら