痴漢の被害者との示談は可能ですか?


弁護士の回答

ご質問について、当事務所の刑事専門チームの弁護士が御回答いたします。

痴漢の被害者との示談交渉は、刑事専門の弁護士にご依頼されることをお勧めします。

 

示談とは

弁護士牟田口裕史示談とは、紛争当事者が一定の条件で和解することをいいます。

ご質問のケースでは、痴漢の犯人(加害者)と被害者の方との間で、加害者が被害者に対して一定の金銭を支払い、被害者の方は加害者に対して他の請求権を放棄し、当事者間の紛争を解決するイメージです。

 

 

示談のメリット

痴漢など、被害者がいる犯罪の場合、示談の成否は被害者の方や刑罰に大きな影響を及ぼします。

示談の成立は、被害者の方が金銭解決を受け入れてくれたことを意味します。それは、辛い思いをされた被害者の方の被害が回復し、憎悪の感情が薄れたことを示すものです。

刑法と弁護士バッジしたがって、何よりも被害者の今後の人生にとって良い影響を与えます。

また、示談の際、被害者の方に被害届や刑事告訴を取り下げてもらったり、宥恕(犯罪者に厳罰ではなく寛大な処分を求めること。)してもらうことがあります。

これによって、不起訴になったり、起訴されていても執行猶予がついたり、実刑でも刑罰が軽くなったりする可能性が高くなります。

そのため、刑事弁護士としては、被害者の方のため、犯人のために、なんとかして獲得したいところです。

 

 

示談は簡単ではない!?

ところが、痴漢などの性犯罪の被害者の方は、犯人が謝罪や示談の話を持ちかけても、恐怖心があるため、直接会ってくれることはほとんどありません。

加害者(犯人)としては、反省し、自ら土下座してでも謝罪したいという方も多くいます。

刑事弁護士は、そのような気持ちをお伝えしようとして、被害者の方に「◯◯(犯人)ができれば直接謝罪したいと申しております。」「会っていただくことは可能でしょうか?」などと打診します。

拒否する女性しかし、帰ってくる答えはNOです。

また、顔見知りではない被害者の方については、電話や住所すらわからないため、連絡すら取れません。

このような現実から、加害者本人が直接被害者の方と示談しようとしてもできないことがほとんどです。

 

 

刑事弁護士に示談交渉を依頼するメリット

痴漢被害者の方との示談交渉を弁護士にご依頼されるメリットは以下のとおりです。

 

被害者の連絡先がわかる

弁護士当事務所の刑事弁護士は、ご依頼を受けると、捜査機関(警察や担当検察官)に被害者に謝罪と被害弁償の申し入れを行いたい旨伝え、被害者の連絡先の開示を求めます。

捜査機関は被害者に連絡を取り、弁護士に連絡先(携帯電話など)を伝えてよいかを確認します。通常、被害者の方は、弁護士に対しては、連絡先を伝えて良いと言ってくれます。

これによって、被害者の連絡先が判明し、示談交渉をスタートできます。

 

直接面談の上交渉が可能となる

面談加害者本人とは会いたくないものの、相手が弁護士であれば会ってくれることがほとんどです。

当事務所の刑事弁護士は、被害者の方と直接面談し、犯人に代わって謝罪し、被害者の方の声に耳を傾けます。

これによって、被害者の方の憎悪の感情を緩和することが期待できます。

 

法律のプロの説得力に期待できる

性犯罪の被害者の方は感情的になっているため、金銭解決は難しい状況です。

また、仮に金銭解決自体には応じたとしても、法外な解決金の額を要求してこられる場合もあります。

この点、刑事弁護士は被害者の方との交渉に慣れています。

弁護士そのため、刑事弁護士に任せることで示談交渉が成功する可能性があります。

また、法外な要求に対しては、通常の裁判基準について誠心誠意、ご説明をします。

これによって、解決金の額を減額できる可能性があります。

 

 

痴漢の示談交渉の料金プラン

電卓初回の相談料金は無料です。

その他依頼された場合の弁護士の料金についてくわしくはこちらをごらんください。

 

 

痴漢の示談交渉のご相談について

デイライト法律事務所玄関当事務所には、刑事事件を専門とするチームがあります。

まずは当事務所の弁護士までお気軽にご相談ください。

逮捕・勾留されない方法について詳しくはこちらをご覧ください。

痴漢の解決方法について詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

 

痴漢事件について  

痴漢事件の解決事例

 

犯罪別『痴漢』についてよくある相談

 

 

お悩み別解決方法

  • 自首を考えている
  • 逮捕・勾留されたくない
  • 前科をつけたくない
  • 釈放・保釈してほしい
  • 無実である
  • 執行猶予をつけたい
  • 会社・学校に知られたくない
  • テレビや新聞で報道されたくない
  • 資格や職業を制限されたくない
  裁判では99%が有罪 WEB予約はこちら