痴漢の被害者と示談をしたいです。連絡先を知ることはできますか?


反省する男性のイラスト痴漢の被害者の方と示談をしたいと考えています。

被害者の方の連絡先を知ることはできないのでしょうか?

 

 

弁護士の回答

痴漢のイメージイラスト痴漢は、被害者の人間としての尊厳を大きく傷つける行為です。当然ながら被害者は、痴漢をした加害者に対して強い怒りを持っていますし、それはやむを得ないことだといえます。

被害者に謝罪をしたいというあなたの気持ちがあっても、被害者はあなたに会いたくないと考えるのが自然でしょう。痴漢された事実を忘れたい・掘り起こされたくないという被害者の気持ちを、まずは理解する必要があります。また、被疑者の家族が示談交渉をすることもほぼ不可能ですし、更なる紛争を生じさせるおそれもあり、避けるべきと考えられます。

被害者の名前や住所、連絡先は、警察・検察が管理しています。被疑者であるあなたやその家族が被害者の個人情報の開示を警察官や検察官に求めても、確実に拒否されてしまいます。

弁護士のイメージイラスト弁護士がついていれば、状況は変わります。弁護士が間に入ることで、被害者の連絡先を警察官・検察官から教えてもらえることがあります。

弁護士は、示談交渉に臨むべく、検察官とこまめに連絡をとり、検察官に被疑者の反省の気持ちを伝え、弁護士に連絡先を教えていいかを被害者に聞いてもらえるよう努めます。もちろん、連絡先の入手は、被害者の同意あってのことですし、被疑者には開示してはいけないという約束の元での弁護士への開示になります。

弁護士牟田口裕史画像開示を受けてからは、示談交渉をさせてくれないかを被害者に問い合わせることになります。根気が必要なところですが、被疑者の反省が日に日に深まっていることを被害者に伝えるとともに、被害者が苦しみから解放されるためにも示談をさせていただきたいことを、誠心誠意お願いをすることになります。

また、被疑者の家族の協力も必要です。被害者と示談をするには、示談金の支払いが必要です。また、被疑者の更生のためにその家族が全力を尽くす姿勢が被害者に伝わることで、示談交渉が進展することがあります。弁護士は、被疑者家族ともこまめに連絡を取り合うことになります。

弁護士牟田口裕史イラスト当事務所には、刑事事件に注力する弁護士が所属しており、示談交渉で手を抜くことは決してございません。早期の身体釈放、不起訴処分の獲得のために、全力を尽くします。

痴漢をしてしまい警察から取調べを受けている方、夫や子どもが痴漢で逮捕されてしまった方は、まずはお気軽に当事務所へご連絡ください。

痴漢事件の弁護活動について、詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

痴漢事件について  

痴漢事件の解決事例

 

犯罪別『痴漢』についてよくある相談

 

 

お悩み別解決方法

  • 自首を考えている
  • 逮捕・勾留されたくない
  • 前科をつけたくない
  • 釈放・保釈してほしい
  • 無実である
  • 執行猶予をつけたい
  • 会社・学校に知られたくない
  • テレビや新聞で報道されたくない
  • 資格や職業を制限されたくない
  裁判では99%が有罪 WEB予約はこちら