裁判官に反省の気持ちを伝え、執行猶予を獲得するにはどう行動すればいいですか?


弁護士同じような過ちは二度と繰り返しませんと何度も言っているのに、警察から信じてもらえません。

裁判でも裁判官に信じてもらえず実刑となってしまうのではないかと不安です。

どうしたら、私の反省の気持ちは信じてもらえるのですか?

 

 

 

弁護士の回答

弁護士判決を受ける上で、あなたの反省が裁判官に伝わるかどうかは、実刑(刑務所行き)か執行猶予かを左右してしまうことがあります。

執行猶予というのは、被告人を社会内で更生させるものですから、社会に出てすぐに再犯に及ぶ可能性が高い者には、なかなか執行猶予を付けてもらえないのです。

そこで、反省を裁判官に信じてもらうためにどのように活動するか、検討する必要があります。

 

 

執行猶予を獲得するための行動

反省を深めること

謝る男性まず大前提ですが、反省を深める必要があります。

裁判官はプロですから、あなたの反省が本気なのか、表面的なのかは、あなたの態度や発言ですぐに分かります。

「同じ過ちは二度と繰り返しません」と発言すること自体は容易です。

深く反省していることを分かってもらうためには、あなたがどのような法律に触れたのか、その法律は誰を守ろうとしているのか、なぜ犯罪とされているのか、被害者にはどのような損害が生じるのか(現に生じたのか)、あなたはなぜその犯罪に手を染めてしまったのか、同じことを繰り返さないためにどうしていくのか等々について具体的に発言をしていく必要があります。

弁護人と打ち合わせを重ね、反省を深めていくとよいでしょう。

誠心誠意謝罪すること

手紙次に、被害者に宛てた謝罪文を作成することも重要です。

被害者にどのような被害を生じさせてしまったのかに考えをめぐらせ、誠心誠意謝罪することは人間としての基本ともいえます。

内容については、反省が深まっていることが伝わるよう、弁護人のアドバイスを受けつつ、推敲を重ねるべきでしょう。そして、場合によっては、示談や被害弁償も試みるべきでしょう。

反省していることを示す一つの材料となります。

原因究明しようと努力すること

ノート犯罪を何度も繰り返してしまっている(前科がある)場合には、犯罪を繰り返してしまう原因を究明しないことには、「もうしません」というあなたの言葉は誰にも信じてもらえません。

窃盗症(クレプトマニア)、性依存、アルコール依存、ギャンブル依存、精神疾患等々、様々な理由が考えられるところですが、まずはその原因を究明しようと努力することが必要です。

弁護士以上の行動をとった上で、それらの行動に出たことを証拠化し、裁判所に提出する必要があります。

気をつけなければならないのは、証拠を作るために行動を起こすのではなく、再犯をしないため、犯罪から足を洗うために、行動を起こすことです。その差も、裁判官には伝わります。

執行猶予付き判決を得たい方、更生したいがどのように行動すればよいか分からない方、まずはお気軽に、刑事事件に注力する弁護士が在籍している当事務所にご連絡ください。

 

 


犯罪別『 その他 』についてよくある相談Q&A

 

 

お悩み別解決方法

  • 自首を考えている
  • 逮捕・勾留されたくない
  • 前科をつけたくない
  • 釈放・保釈してほしい
  • 無実である
  • 執行猶予をつけたい
  • 会社・学校に知られたくない
  • テレビや新聞で報道されたくない
  • 資格や職業を制限されたくない
  なぜ弁護士選びが重要なのか

  裁判では99%が有罪   WEB予約はこちら