責任能力とは何ですか?私の場合でも主張できますか?

弁護士の回答

責任能力とは何か

記憶責任能力とは、人が生物学的・心理学的に自らの責任のもとでなにかを行う能力のことをいいます。

犯罪として成立するためには、その行為が、その犯罪の構成要件に該当し、違法かつ、その人の責任のもと行われた、行為である必要があります。

そのため、責任能力がないと判断された場合(有責性がない、という言い方をします)は、犯罪は成立しないことになります。

責任能力のうち、生物学的に行動する能力については、精神の障害の有無によって犯罪かどうかを判断することになります。

また、心理学的に行動する能力については、行為が合法か不法か考え、理解する能力(弁識能力)及び、その考えに従って行動決定をする能力(制御能力)の有無によって判断されます。

 

 

責任能力に関する規定

逮捕刑法第39条1項に、以下のように規定があります。

「心神喪失者の行為は、罰しない。」

これは、責任無能力者(=心神喪失者)に関する規定です。判例によりますと、心神喪失というのは、「精神の障礙に因り事物の理非善悪を弁識する能力なく、又は、此の弁識に従って行動する能力なき状態」をいいます(大判昭6.12.3)。

刑法第39条2項には、以下のように規定があります。

「心神耗弱者の行為は、その刑を減軽する。」

これは、限定責任能力者(=心神耗弱者)に関する規定です。

判例によりますと、心神耗弱というのは、「(精神の障害により)その能力(弁識能力・制御能力)が著しく減退せる状態」をいいます(東京高判昭59.11.27)。

刑を減軽するとは、次のような意味です(刑法第68条)。

「法律上刑を減軽すべき1個又は2個以上の事由があるときは、次の例による。

1 死刑を減軽するときは、無期の懲役若しくは禁錮又は10年以上の懲役若しくは禁錮とする。
2 無期の懲役又は禁錮を減軽するときは、7年以上の有期懲役又は禁錮とする。
3 有期の懲役又は禁錮を減軽するときは、その長期及び短期の2分の1を減ずる。」

 

 

責任能力を争うことができるか

診断書責任能力を争うことは容易ではありません。

統合失調症や躁うつ病等の精神障害を立証しなければなりませんし、さらに、それらの精神障害により弁識能力や制御能力が制限されていたことまで立証しなければなりません。

医師による診断書のみならず、精神障害が犯罪行為に与えた影響に関する意見等を証拠化する必要があるでしょう。

責任能力を争いたい場合、刑事事件に注力する弁護士を弁護人に選任することをお勧めします。弁護人の熱意と技能によって、証拠の収集に大きな差が生じるからです。

当事務所には、刑事事件に注力する弁護士が在籍しています。まずはお気軽に、当事務所までご連絡ください。

 

 


お悩み解決法『 その他 』についてよくある相談

 

 

お悩み別解決方法

  • 自首を考えている
  • 逮捕・勾留されたくない
  • 前科をつけたくない
  • 示談してほしい
  • 告訴されたくない
  • 執行猶予をつけたい
  • 釈放・保釈してほしい
  • 今すぐ面会・差入れしてほしい
  • 会社・学校に知られたくない
  • 資格や職業を制限されたくない
  • 無実である
  • テレビや新聞で報道されたくない
  なぜ弁護士選びが重要なのか

  裁判では99%が有罪   WEB予約はこちら