浮気を疑い、妻が使用している車にGPSを付けました。犯罪が成立しますか?


パソコン 男性妻が浮気をしているのではないかと疑い、妻が普段から使用している自家用車にGPSを取り付けました。

妻にGPSが発見され、警察に通報されてしまいました。

警察からGPSを取りに来るように呼び出されていますが、私には何らかの犯罪が成立しているのでしょうか?

 

 

 

弁護士の回答

弁護士牟田口裕史イラスト令状を得ることなく無断で被疑者の自家用車にGPSを取り付ける捜査は違法であるとの最高裁判決が平成29年3月に出ています(弁護士コラム「令状なく行われたGPS捜査の適法性について」)が、一般人がGPSを用いることで何らかの犯罪が成立するのでしょうか。

GPSを取り付ける行為は、取り付けられた者の居場所を把握し、どこで何をしているかの推測を可能としてしまうプライバシー侵害行為です。

しかしながら、プライバシー侵害に着目した刑罰法規は、現時点では存在していません。民事上の責任すなわち不法行為責任を問われうるにとどまります。

しかしながら、GPSを車に取り付ける場合、その車が被害者の所有物であれば、器物損壊罪が成立しえます(取り付ける際、取り外す際に傷を付けた場合です。)。

器物損壊についてはこちらをごらんください。

GPSを取り付けるために被害者の住居に無断で立ち入ったのであれば、住居侵入罪が成立します。

住居侵入についてはこちらをごらんください。

相談者様は、配偶者の浮気を疑い、配偶者が利用する自家用車にGPSを取り付けたとのことです。

その自家用車が、相談者様の所有物であるならば、器物損壊罪は成立しません。

器物損壊罪は、「他人の物」を損壊した場合に成立する犯罪だからです。

住居侵入罪についても同様です。

配偶者と同居している「我が家」であれば、住居侵入罪は成立しません。

車が配偶者の所有物であれば、器物損壊罪は成立しますし、別居後に配偶者の自宅に無断で立ち入ったのであれば、住居侵入罪は成立しますから、注意が必要です。

当事務所には、家事事件に注力する弁護士、刑事事件に注力する弁護士が在籍していますから、まずはお気軽に当事務所にご連絡ください。

 

 


犯罪別『 その他 』についてよくある相談Q&A

 

 

お悩み別解決方法

  • 自首を考えている
  • 逮捕・勾留されたくない
  • 前科をつけたくない
  • 釈放・保釈してほしい
  • 無実である
  • 執行猶予をつけたい
  • 会社・学校に知られたくない
  • テレビや新聞で報道されたくない
  • 資格や職業を制限されたくない
  裁判では99%が有罪 WEB予約はこちら