トップクラスの実績【デイライトの刑事弁護士が選ばれる理由③】

専門特化の重要性

日本の弁護士は、欧米諸国と比べて専門分野を持つ弁護士が少ない印象です。

すなわち、日本の弁護士は、「幅広く対応する」という事務所が多いと思われます。

原因としては様々なものが考えられますが、法律事務所の多くが弁護士数1名ないし数名程度の小規模な形態が多いということが理由としてあげられます。

弁護士の数が少ないと、専門分野に集中することができず、様々な案件に対応しなければならなくなるからです。

しかし、一人の弁護士が対応できる内容には当然限界があります。

幅広く対応するということは、専門知識、経験やノウハウが蓄積されにくいという結果を招きます。

これを具体的に説明します。

一部の渉外事務所や民事専門の弁護士を除いて、多くの弁護士は刑事事件も取り扱っています。

例えば、毎月1件の刑事事件の相談を受けるとします。この場合、年間12件の刑事事件の相談を行っていることとなります。

この弁護士は、他にも民事事件などの相談を受けており、全分野を合わせると毎月10件の相談を受けていますが、刑事事件に限って言うと、そのわずか10分の1しか受けていないこととなります。

これに対して、刑事事件専門の弁護士が毎月10件の刑事事件の相談を受けたとします。

この場合、年間120件の刑事事件の相談を受けていることとなり、上記の弁護士と比べて10倍もの相談実績、すなわち、1年間で通常の弁護士の10年間分の実績を積むことができるのです。

専門特化した弁護士とそうではない弁護士の専門性の違いは歴然としているはずです。

 

 

デイライト法律事務所刑事事件チームの実績

デイライト法律事務所ロゴデイライト法律事務所の刑事事件チームは、刑事弁護に注力する弁護士のみで構成された専門チームであり、年間150件を超える刑事事件の相談を受けております(2018年相談実績)。

当事務所は開設以来、「弁護士の専門特化」を第1の行動指針としており、質が高いリーガルサービスとソリューションの提供にこだわっています。

私達が専門特化を大切にする理由は、「高い顧客満足度」を実現することをモチベーションとしているからです。

多くのクライアントにとって、弁護士に依頼されるのは一生の中で1度あるかないかだと思います。

また、その案件は、クライアントの一生を左右するほどの影響を及ぼす可能性があります。

このような大切な案件を任される弁護士は、クライアントに対して最高品質のリーガルサービスを提供すべきであり、そのために専門特化すべきであると考えています。

そこで、当事務所は、事業部制を採用し、ここの弁護士が注力分野を持ち、専門チームに所属してクライアントをサポートしています。

刑事事件でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

 

法律相談の料金

電卓刑事事件に関するご相談は

0円(無料)でご対応しております(初回のみ)。

刑事事件の対応は、デイライト法律事務所の刑事事件チームにお任せください。

ご相談の流れはこちらからどうぞ。

 

 


  なぜ弁護士選びが重要なのか

  裁判では99%が有罪   WEB予約はこちら