保釈とは、どのような制度ですか?その制度で釈放してもらえますか?


泣く女性のイメージイラスト保釈という制度があると聞いた事があるのですが、どのような制度ですか?私もその制度を利用して釈放してもらえないでしょうか。

 

 

弁護士の回答

保釈とは、起訴後に、判決までの間、釈放をしてもらえる重要な制度です

刑事訴訟法第88条1項に、「勾留されている被告人又はその弁護人、法定代理人、保佐人、配偶者、直系の親族又は兄弟姉妹は、保釈の請求をすることができる。」という規定があります。

解説する弁護士のイメージイラスト保釈とは、勾留という直接の身体拘束に代えて、保釈保証金の納付を条件として課した上で、被告人の身体を釈放する裁判・執行のことをいいます。被疑者(起訴前)については、現行法上保釈は認められていません(同法第207条ただし書き)。

保釈には、2種類あります。

権利保釈(刑訴法第89条)と裁量保釈(刑訴法第90条)です。

 

権利保釈とは?

権利保釈とは、以下の6つの例外事由に当てはまらないことを理由とする釈放のことをいいます。いずれの事由にも当てはまらなければ、必ず保釈が認められます。

チェックリストのイメージイラスト①被告人が死刑又は無期若しくは短期1年以上の懲役若しくは禁錮に当たる罪を犯したものであるとき。
②被告人が前に死刑又は無期若しくは長期10年を超える懲役若しくは禁錮に当たる罪につき有罪の宣告を受けたことがあるとき。
③被告人が常習として長期3年以上の懲役又は禁錮に当たる罪を犯したものであるとき。
④被告人が罪証を隠滅すると疑うに足りる相当な理由があるとき。
⑤被告人が、被害者その他事件の審判に必要な知識を有すると認められる者若しくはその親族の身体若しくは財産に害を加え又はこれらの者を畏怖させる行為をすると疑うに足りる相当な理由があるとき。
⑥被告人の氏名又は住居が分からない時

弁護士バッジのイラスト4号と5号の該当性が争われることが多いですが、弁護人が保釈に向けた有利な証拠を収集し、説得的な保釈請求書を作成することで、保釈許可の可能性を高めることができます。

 

裁量保釈とは?

裁判での流れイラスト裁量保釈とは、上記各号のいずれかに該当するために権利保釈が認められない場合に、裁判所が裁量で釈放することをいいます。

刑訴法第90条に「裁判所は、適当と認めるときは、職権で保釈を許すことができる。」という規定があります。裁量保釈が認められるためには、権利保釈が認められない理由(何号に該当するのか)を適切に把握した上で、保釈を許しても実際上の弊害がないことを説得的に論じる必要があります。

 

一日でも早い釈放のために

弁護士牟田口裕史画像長期間にわたって身体拘束を受け孤独な時間を過ごしている被告人にとって、釈放されることはこの上ない喜びですし、その権利は十分に保障されなければなりません。

私たちは、被告人、そしてその御家族のために、可能な限り早期に保釈請求をし、一日でも早い釈放のために全力を尽くします。刑事事件に注力する弁護士が在籍する当事務所に、まずはお気軽にご連絡ください。

 

 

事件全般について  

犯罪別『共通』についてよくある相談

 

 

お悩み別解決方法

  • 自首を考えている
  • 逮捕・勾留されたくない
  • 前科をつけたくない
  • 釈放・保釈してほしい
  • 無実である
  • 執行猶予をつけたい
  • 会社・学校に知られたくない
  • テレビや新聞で報道されたくない
  • 資格や職業を制限されたくない
  裁判では99%が有罪 WEB予約はこちら