執行猶予期間中にまた犯罪を犯してしまいました。再度の執行猶予という制度があると聞いたのですが、どのような制度ですか?


弁護士の回答

逮捕刑法第25条2項に、再度の執行猶予の規定があります。

「前に禁錮以上の刑に処せられたことがあってもその刑の全部の執行を猶予された者が1年以下の懲役又は禁錮の言渡しを受け、情状に特に酌量すべきものがあるときも、前項と同様とする。ただし、次条第1項の規定により保護観察に付せられ、その期間内に更に罪を犯した者については、この限りでない。」

「前項と同様とする」というのは、裁判が確定した日から1年以上5年以下の期間、その刑の全部の執行を猶予することができるということです。

再度の執行猶予の要件は、
①裁判時に執行猶予中の者であること
②量刑が1年以下の懲役・禁錮刑であること
③情状に特に酌量すべきものがあること
④保護観察に付されていなかったことです。

弁護士小野佳奈子イラストこの中で重要なのは、③の「情状に特に酌量すべきものがあること」です。

初犯の場合、「情状により」執行猶予が付されます。

しかし再度の執行猶予の場合は、情状に「特に」酌量すべきものが必要であり、要件が厳格なものとなっています。

これは執行猶予期間中に再度の罪を犯した者については、基本的に執行猶予付き判決では刑法の目的を達成できないという考えに基づきます。

「今自分は執行猶予期間である」という認識があるにもかかわらず罪を犯してしまった者は、規範意識が低く、刑務所内での更生しか方法がないと判断されてしまいやすいのです。

 

 

再度の執行猶予の可能性

再度の執行猶予が付されるのは、かなり限定的なケースです。

例えば、暴行罪で執行猶予付き判決を得ていた者が、執行猶予期間満了直前に、自動車の運転上必要な注意を怠り、人に軽傷を負わせたような場合(過失運転致傷罪)などは、再度の執行猶予の可能性が相当程度認められるでしょう。

道路同種の犯罪ではなく、かつ過失犯であるとなると、再度の執行猶予に十分に犯罪抑止効果を期待できるからです。

同種の犯罪であっても、全く再度の執行猶予はありえないとまではいえないでしょう。

前回の行為態様と今回の行為態様が大きく異なり、今回については汲むべき事情がある場合、示談が成立している場合、被害者側の過失がある場合等には、再度の執行猶予の可能性があります。

まずはお気軽に刑事事件に注力する弁護士が在籍している当事務所にお越しください。

 

 

事件全般について  

犯罪別『共通』についてよくある相談

 

 

お悩み別解決方法

  • 自首を考えている
  • 逮捕・勾留されたくない
  • 前科をつけたくない
  • 釈放・保釈してほしい
  • 無実である
  • 執行猶予をつけたい
  • 会社・学校に知られたくない
  • テレビや新聞で報道されたくない
  • 資格や職業を制限されたくない
  裁判では99%が有罪 WEB予約はこちら