自首にはどのようなメリットがありますか?


弁護士の回答

ご質問について、当事務所の刑事弁護士がご説明します。

 

自首の法律上の効果

自首は、刑法上、刑の減軽や免除の事由となり、刑事訴訟法上は捜査の端緒となります。

通常の犯罪において、自首は、減軽することが「できる」と規定されているため(刑法42条1項)、どのようなケースでも100パーセント減軽できるわけではありません。

したがって、任意的減免とよばれています。

ただし、一部の犯罪については、自首が成立すれば必ず刑が軽減又は免除されるものや、刑が免除されるものもあります。

例えば、内乱などの特殊な犯罪です(刑法80条、93条但書)。これらの犯罪は、関係者による自首以外の方法による捜査が困難であったり、あるいは発生それ自体が重大な法益侵害を招くことから自首を促すため、減免が絶対的なものとなっています。

逮捕刑法上の減軽の程度については、条文に規定があります(68条)。

例えば、有期の懲役又は禁錮を減軽するときは、その長期及び短期の2分の1を減じます。

また、無期の懲役又は禁錮を減軽するときは、7年以上の有期の懲役又は禁錮となります。

その範囲のなかで、裁判官が具体的な刑を決めることになります。

 

 

自首のメリット

上記のとおり、通常の犯罪の場合、自首の減軽は絶対ではありません。

しかし、自首には以下のような大きなメリットがあります。

量刑において考慮される可能性がある

留置所自首は、犯人が改悛していることを端的に示す事情です。

したがって、自首が認められると、情状が良くなります。前記の法律上の刑の減軽とは異なりますが、量刑が軽くなり、結果としては服役する期間が短くなったりする可能性があります。

逮捕や勾留を回避できる可能性がある

噂警察が自宅や会社に来て逮捕されると、その時点で家族や会社に犯行が発覚してしまいます。

また、家族や同僚の目の前ではなくても、長期間の身柄拘束によって犯行が発覚する可能性が高くなります。したがって、逮捕や勾留はできれば避けたいところです。

自首は、この逮捕や勾留を回避できる可能性があります。すなわち、逮捕は逃亡のおそれや罪証隠滅のおそれがある場合に認められます。

自首は、犯人が反省していることを端的に示す事情です。

また、当事務所の刑事弁護士は、自首に同行して、本人が自発的に犯罪を申告しているのだから逃亡や罪証隠滅のおそれはまったくないと主張します。

そのため、逮捕や勾留を回避できる可能性が高くなります。

家族や職場への突発的な接触を防ぐ

捜査犯行が発覚すると、通常、捜査機関は、事前の連絡なく、自宅や会社にやってきます。

事前に連絡すると、犯人が逃亡したり、証拠隠滅を企てる可能性があるからです。

自首は、みずから捜査機関に赴くので、家族や職場に警察官が来ることを回避できる可能性が高くなります。

供述の信用性が増す

取り調べ自首は、犯人の改悛を示す事情ですので、その供述には信用があります。

それは、後々量刑において有利になったり、不起訴や執行猶予を獲得できる可能性があります。

例えば、傷害罪の犯人が自首した場合、確かに、相手を怪我させたことは認めつつ、実は相手からも暴力を受けたと供述することがあります。

この「相手から暴力を受けた」という供述が認められれば、悪質性が低くなり、量刑において有利となります。また、ケースによっては正当防衛が成立したり、喧嘩両成敗ということで不起訴になる可能性もあります。

安心できる

緊張する男性いつ逮捕されるか、いつ取り調べを受けるか不明な状態は精神衛生上決してよくありません。

自分の罪を認めるのは、勇気がいることかもしれませんが、「この先どうなるのかわからない」という漠然とした不安から解放されるでしょう。

裁判での流れこのように、自首には、法律上の効果以外にも大きなメリットがあります。

しかし、そもそも自首が成立するか否かは微妙なケースが多くあります。

また、自首が認められたとしても、自首の方法についても、専門家の助言があった方が望ましいといえます。

そのため、まずは、刑事事件に詳しい弁護士にご相談されることをおすすめします。

弁護士牟田口裕史また、当事務所の刑事事件チームは、自首に特化した自首同行サービスを行っています。

まずは当事務所までお気軽にご相談ください。

自首同行サービスの詳しい内容はこちらからご覧ください。

 

 

事件全般について  

犯罪別『共通』についてよくある相談

 

 

お悩み別解決方法

  • 自首を考えている
  • 逮捕・勾留されたくない
  • 前科をつけたくない
  • 釈放・保釈してほしい
  • 無実である
  • 執行猶予をつけたい
  • 会社・学校に知られたくない
  • テレビや新聞で報道されたくない
  • 資格や職業を制限されたくない
  裁判では99%が有罪 WEB予約はこちら