テレビや新聞で報道されたくない


デイライト法律事務所は、逮捕等の事実が報道されないよう最善を尽くします。

当事務所の刑事弁護士は、依頼者の方の名誉・信用を守り、スムーズに社会復帰できるようにするために、尽力します。そのためには、一刻も早く弁護活動に取り組むことが何よりも重要です。

噂のイメージイラスト

逮捕等が報道される場合とは

報道のイメージ画像被疑者として逮捕されたことが報道されるきっかけ、逮捕時に警察から発表されることが一般的です。

また、報道においては、少年事件の場合を除き、実名での報道の可能性が高いです。

したがって、逮捕の事実が報道されてしまうと、ご家族だけでなく、会社、学校、その他の知人等、広範囲にわたって、犯人であることが知れ渡ってしまいます。

さらに、このような情報は、現在、インターネットでも拡散します。インターネットの記事は、転載が繰り返され、ネット上から記事が消えるまでに長い時間を要するようになってしまい、不利益が極めて大きいです。

インターネットのイメージイラストご本人が傷つくだけでなく、ご本人のご家族様も、周囲から非難されたり、好奇の目で見られたりするなど、とてもつらい目にあうことが予想されます。

したがって、報道されないようにすることがとても重要です。

 

報道されないための弁護活動

報道されないためには、まずは、逮捕を避けることが1番大切です。

軽微な事案

痴漢のイメージイラスト痴漢、盗撮などの比較的軽微な事案では、適切な方法で自首を行うことで、逮捕を避けて在宅のまま取り調べとなる可能性があります。

そのため当事務所では、自首同行のサービスを提供しています。

自首についてはこちらをごらんください。

そこで、弁護士に早期に依頼し、適切な方法で自首すると、逮捕を避けることができ、結果として報道されないで済むという場合があります。

 

逮捕される場合

逮捕のイメージイラスト逮捕される場合でも、報道について、適切な対応ができる場合がありますので、早い段階で専門の弁護士に相談することが大切です。

まずは当事務所にお気軽にご相談ください。

 

 

お悩み別解決方法

  • 自首を考えている
  • 逮捕・勾留されたくない
  • 前科をつけたくない
  • 釈放・保釈してほしい
  • 無実である
  • 執行猶予をつけたい
  • 会社・学校に知られたくない
  • テレビや新聞で報道されたくない
  • 資格や職業を制限されたくない
  裁判では99%が有罪 WEB予約はこちら