なぜ刑事事件では弁護士選びが重要なのか


なぜ重要?

刑事事件は、起訴されると99%が有罪となります。

悩む男性有罪となると、刑務所に行く可能性があります。

執行猶予がつけば、すぐに刑務所に入る必要はありませんが、その場合でも前科がつきます。

前科がつくと、「犯罪者である」とのレッテルが貼られ、職業や資格が制限されるなどの問題が生じます。

また、犯罪の捜査が進むと、職場や自宅に捜索・差押えがなされる可能性があります。

その際、犯行の内容が会社や家族に知られてしまい、職を失う、家族を悲しませてしまうといったことが想定されます。

このような事態を防ぐためにはどのようなことができるでしょうか?

リスクを少しでも減らすために重要なことは「素早く、かつ、適切な弁護活動を行うこと」です。

弁護士が起訴前に素早く活動することで、逮捕勾留されていた被疑者を釈放したり、不起訴処分とすることが重要です。

特に、被害者がいる事件の場合は、弁護士が被害者と早期に示談することにより、本来なら刑務所に行くはずだった事案を、不起訴で終わらせることも十分考えられるのです。

「素早く、かつ、適切な弁護活動を行う」ためには、「早く動ける」、「不起訴にするノウハウを有している」刑事弁護士を選ぶことが重要です。

当事務所の刑事弁護専門チームは、以下の特徴を有しています。

迅速な対応

365日24時間対応で無料相談の受付

刑事弁護は迅速な対応が極めて重要です。

弁護士そこで、当事務所は、刑事事件に関しては365日24時間対応で、ご相談の予約を受け付けています。

また、お気軽にご相談していただけるように初回の相談は無料とさせていただいております。

ご相談の流れはこちらをごらんください。

 

弁護活動への着手

当事務所の刑事専門チームは、刑事事件についてご依頼を受けると、通常のケースでは、当日か遅くとも翌営業日には弁護活動に着手します。

これにより、警察等の捜査機関からの不当な取調べを回避するよう取り組みます。

また、被害者がいる事件では、被害者との示談交渉の成功が逮捕・不起訴を獲得するための鍵となります。

そのため、当事務所の刑事弁護士は、示談交渉に迅速に着手し、逮捕や起訴されるリスクを低減するために尽力します。

 

緊急面会(接見)サポート

ご家族が逮捕、勾留されているケースでは、「正式に依頼する前に、まず本人と面会してほしい」と希望される方が多くいらっしゃいます。

接見のイメージイラスト当事務所の刑事専門チームは、このようなケースではご家族からの要請を受けて、迅速に被疑者ご本人に接見する、緊急接見サポートを行っています。

このサポートについてくわしくはこちらをごらんください。

 

 

刑事弁護に精通

弁護士と一口に言っても、得意とする分野は様々です。

福岡の弁護士の多くは注力分野をもたず、「幅広く何でも対応する」という弁護士が多い状況です。

しかし、これでは専門性は身につきません。依頼者に最高のリーガル・サービスを提供するためには専門特化することが重要です。

弁護士牟田口裕史当事務所の刑事専門チームの弁護士は注力分野を刑事弁護に絞っています。

専門特化することで、以下の点で圧倒的な強みを有しています。

 

交渉のノウハウ

刑事事件の被害者との交渉は、被害者感情が絡むため、難航することがあります。

交渉当事務所の刑事弁護士は、刑事事件の示談交渉を多く経験することで、交渉のノウハウを身に付けています。

示談交渉で大切なことは示談金の相場を把握することですが、これを自分でやろうとすると、なかなか思うようにはいきません。

当事務所の刑事弁護士は、適切な示談金をゴール(解決金)と設定し、そのゴールに導くために、交渉術を駆使して、被害者もご本人も納得できるように取り組みます。

 

冤罪の場合

無罪無実であるにも関わらず、被疑者として捜査を受けている場合、無罪を獲得するために、徹底して戦わなければなりません。

当事務所の刑事弁護士は、捜査段階では無罪の証拠を確保することに注力します。

そして、刑事裁判では無罪を立証するために、刑事訴訟に関する専門知識や技術を駆使し、検察側と対決し、無罪獲得を目指します。

 

 

きめ細やかなサポート

握手上記の「迅速な対応」と「専門性」に加え、当事務所の刑事弁護士は、以下のようなサービスをご提供しています。

示談交渉サポート

被害者がいる事案では、被害者との示談成立が不起訴を獲得するための最重要課題となります。

焦る女性のイメージイラストしかし、ご本人が自ら被害者と示談交渉を行うのは困難です。

被害者は、加害者との接触に抵抗があるため連絡先すらわからないままでしょう。

当事務所の刑事弁護士は、示談交渉の依頼を受けると、すぐに警察等の捜査機関に被害者の連絡先を確認します。

被害者は、相手が弁護士であれば、通常は安心して連絡先を教えてくれます。これにより、示談交渉を開始できます。

 

自首同行サポート

当事務所では、ご本人が罪を認めている場合、自首に同行するサービスを提供しています。

自首することで、減刑される可能性があります。

また、捜査機関に対しても印象がよく、逃亡や証拠隠滅等のおそれが少ないと判断されれば、逮捕や勾留される可能性も低減できます。

自首同行サポートについて、詳しくはこちらをごらんください。

 

更生支援

当事務所の刑事専門チームは、「犯罪なき社会を創る」ことをチームのミッションとしています。

刑事事件では、刑を軽くしたり、不起訴を獲得したりすることが重要ですが、根本的な解決は「更生し、二度と犯罪を繰り返さないこと」です。

弁護士そのため、当事務所の刑事弁護士は、どのようにすれば更生できるかを、ご本人やご家族と一緒になって考え、必要に応じて、更生プログラムを実施する機関をご紹介するなどのサービスを提供しています。

 

キッズルーム

ご相談を希望される方の中には、小さなお子様をお連れの方もいらっしゃいます。

当事務所では、お子様連れでもご相談が可能なように、所内に「キッズルーム」を完備しています。

キッズルームにはDVD、おもちゃなどもあるため、安心してご相談が可能です。

キッズルームについてくわしくはこちらをごらんください。

 

コンプライアンスの構築

犯罪は、個人の問題だけではなく、企業の中でも発生します。

近年、企業におけるコンプライアンス構築の重要性がクローズアップされています。

当事務所の刑事弁護士は、刑事事件の経験を活かし、コンプライアンス構築のためのサポートも提供しています。

 

 

明確な料金プラン

お見積もりの提示

弁護士に依頼した場合、どの程度の費用が発生するのかは重要な関心事です。

当事務所は、正式なご依頼を受ける前に、ご相談時に見積書をご提示しています。

見積書には、着手金や弁護士報酬が明示されています。

そして、ご納得いただいた上で委任契約を締結するようにしています。

当事務所の料金プランについて、くわしくはこちらをごらんください。

 

 

 

弁護士選びは慎重にすべきと感じた~お客様の声~

当事務所の刑事弁護士が解決した事案の中で、一例をご紹介します。

お客様の声画像■ 当事務所を選ばれた理由を教えてください。

刑事事件に強く、市内で博多駅前の弁護士さんという事で選びました。
こちらは2軒目だったのですが、1軒目の事務所の相談は雑で、まるで刑事の取調べのようでした。
こちらでは方針をはっきりと説明され、安心できました。弁護士事務所は慎重に選ばなければならないと痛感しました。

■ 事務所の印象はどうでしたか?

とても不安な気持ちで伺いましたが、入り口も入りやすく、通された部屋も明るくて、それだけでも少し気分が落ち着くことができました。飲みもののサービスもうれしかったです。

■ 事務員の対応についてはどうでしたか?

とてもさわやかな声で電話をとっていただきました。
牟田口先生のスケジュールを合わせていただきありがとうございました。不安で悩む日が少なくなり感謝しております。

■ 弁護士の対応についてはどうでしたか?

弁護士と握手する男性文書とともに説明をされて、料金・方針等もわかりやすかったです。最初に牟田口先生と宮﨑先生お2人で話しを聞いていただいて心強く感じました。

  裁判では99%が有罪
WEB予約はこちら



  なぜ弁護士選びが重要なのか

  裁判では99%が有罪   WEB予約はこちら