弁護士 森内公彦


profimages_moriuchi
TEL 092-409-1068

 

はじめに

弁護士森内公彦イラスト弁護士は敷居が高い。こんな事を相談していいのだろうかと思われるかもしれませんが、決してそのようなことはありません。問題が複雑化、深刻化する前にご相談いただくことで、より良い解決になることも多いので、是非ご相談ください。

状況に応じた適切な対応をすることで、クライアントにとって最適な解決を目指してまいります。

様々な問題に直面するクライアントに寄り添い、幸福へと導きます。

 

注 力 分 野

●企業法務:特に、製造業・建設業分野、労務問題 専門特化サイトはこちらからどうぞ。
●個人分野:主に離婚事件 専門特化サイトはこちらからどうぞ

 

 

事件処理にあたって

企業分野

迅速な対応

日々刻々と状況が変わっていく企業の経済活動においては、迅速性が要求される場面が少なくありません。
必然的に、経済活動に密接に結びつく法的問題を扱う弁護士にも迅速さが求められます。
私は企業の経済活動が効率的かつ円滑に進むよう、状況に応じた迅速な対応を重視します。

 

実態の把握・問題意識の共有

弁護士は、企業を法律面からサポートします。
しかし、弁護士が抽象論を振りかざすだけでは根本的な問題解決から遠ざかっていくだけです。
企業の実態を十分に把握し、問題意識を共有することで、真の問題解決につながり、結果ご満足いただける法的サポートになると信じています。
そのため、私は、実態の把握・問題意識の共有を重視します。

 

分かりやすい提案・丁寧な説明

法律問題は分かりづらいことが多いため、提案や説明を受けても、
・結局どうすればいいのか?
・結局どういうことなのか?
と感じる場面があるかと思います。
最終的な判断は、経営者の方がすることが多いと思いますが、その判断過程にあたり、弁護士には、法的観点から適切な提案・説明をすることが求められます
私は、法的リスク、メリット・デメリット等、様々な観点から、できる限り分かりやすい提案・丁寧な説明を心掛けています。

私の業種特化分野については、こちら(製造業・建設業)をご覧ください。
また、労働問題に対するスタンスはこちらをご覧ください。

 

個人分野

クライアントに寄り添い、多くの利益をもたらすことの最大化を目指します。

クライアントの皆様が重視することは、
・自分の言い分をじっくり聞いてもらえること
・自分の置かれた状況下で、多くの利益をもたらすことだと考えます。
そのため、私はクライアントに寄り添い、多くの利益をもたらすことを目指します。

 

「苦しみ」から「幸福」に導くために、最大限の努力をします。

弁護士森内公彦画像クライアントの皆様が、弁護士に依頼するのは、よほどの事情がある時であると思います。そして、その際には100%と言ってよいほど「苦しみ」を抱えています。
そして、その「苦しみ」を「幸福」に導くことが弁護士の存在意義であると考えています。
私は、クライアントを「苦しみ」から「幸福」に導くために、最大限の努力をします。

私の離婚問題に対するスタンスはこちらをご覧ください。

 

 

経 歴

●大阪府立天王寺高等学校 卒業
●大阪市立大学法学部 卒業
●大阪大学法科大学院 修了
●最高裁判所司法研修所 修了
●弁護士登録(福岡県弁護士会所属)

 

 

所 属

●民事手続委員会

syougai_in5

講演会・セミナー

2015年3月 社労士のための合同労組対策セミナー「具体的事例を中心とした合同労組の傾向」

 

 

ニュースレター

2016年11月 デイライトタイムズ2016年11月号
○マタハラ防止措置義務の新設 ~ 改正法情報
○配偶者手当の見直しが必要になるかもしれません

2016年  3月 デイライトタイムズ2016年3月号
○女性活躍推進法 ~300人以下企業への女性活躍推進事業
○労働基準監督官の増員
○雇用保険法の改正案 ~65歳以上の適用

2015年11月 デイライトタイムズ2015年11月号
○営業秘密管理の重要性 ~ 不正競争防止法改正
○働き方の多様化

2015年  4月 デイライトタイムズ2015年4月号
○パワハラ訴訟~積水ハウスの事例からパワハラ問題を考える
○改正パートタイム労働法の施行

2014年  8月 デイライトタイムズ2014年8月号
○「すき家」問題~業務管理の重要性
○限定正社員~今後の雇用のあり方

2014年  5月 デイライトタイムズ2014年5月号
○障害者雇用の加速化~平成28年4月1日に向けて
○高齢者雇用~人手不足時代への対策
○顧問先への出前出張、業種特化

 

 

受 賞 歴

2016年11月 2016年度「The Leading Firm 企業法務部門」を授賞(事務所)
2016年11月 2016年度「The Leading Firm 離婚部門」を授賞(事務所)
2015年11月 2015年度「The Leading Firm 企業法務部門」を授賞(事務所)
2015年11月 2015年度「The Leading Firm 離婚部門」を授賞(事務所)
2014年11月 2014年度「The Leading Firm 離婚部門」を授賞(事務所)

表彰状画像

 

ブログ

スタッフ別のブログはこちからご覧ください。

 

 

弁護士等紹介

  なぜ弁護士選びが重要なのか

  裁判では99%が有罪   WEB予約はこちら