酒酔い(酒気帯び)運転で、歩行者に怪我を負わせてしまいました。実刑となりますか?


飲酒運転のイメージイラスト酒酔い(酒気帯び)運転をして交通事故を起こし、歩行者に怪我を負わせてしまいました。

実刑となって刑務所に入らざるを得ないのでしょうか?

 

 

弁護士の回答

実刑となって刑務所に収監される可能性があります

逮捕のイメージイラスト酒酔い運転かつ危険運転致傷罪であれば、最長20年の懲役、酒酔い運転かつ過失運転致傷罪であれば、最長10年6月の懲役となります。

執行猶予は、懲役3年以下の判決にしか付されることはありませんから、実刑となって刑務所に収監される可能性はあるといわざるを得ないでしょう。

 

執行猶予がつく可能性も・・・

しかしながら、懲役刑の最短は1月です。

1月から3年の間の懲役刑が妥当であると裁判所に判断されれば、執行猶予の可能性が拓けてきます。

裁判所にそのように判断してもらうためには、①負傷者との示談を成立させること、②今後同様の被害者を出さないために免許を返納し、今後免許を取得しないことを誓約することが重要です。

特に、①の示談成立が達成できれば、執行猶予の可能性が大きく高まります。負傷者の許しを得たのであれば、刑務所に収監するほどの重い処罰を与える必要性が減退するためです。

解説する弁護士のイメージイラストですが、示談交渉は往々にして困難を極めます。小さな過失で傷害も軽いものであれば、負傷者の処罰感情はそこまで激しいものではなく、示談交渉に応じてくれる場合も多いですが、酒酔い運転ないし酒気帯び運転であなたが交通事故を起こした場合、負傷者は、被疑者が酒酔い運転ないし酒気帯び運転という悪質な行為をしなければ怪我を負うことはなかったのにと考え、あなたに対し強い敵対意識を持ちます。

その意識はやむを得ないものでしょう。

あなたにできるのは、アルコールを摂取して運転をしたことについてしっかり反省し、被害者に対して深く謝罪の気持ちを持ち、同じことを繰り返さないための対策を考えることです。

 

まずは、弁護士にご相談を

弁護士入野田智也画像また、あなたの力だけで示談を成立させることは不可能に近いでしょう。

刑事事件に注力する弁護士を選任し、迅速かつ適切な示談交渉を粘り強く続けてもらう必要があるでしょう。国選弁護人は、選任時期が勾留以降ですし、示談交渉に多くの時間を割くことは期待できません。

当事務所には刑事事件に注力する弁護士が在籍していますから、まずはお気軽に当事務所にご連絡ください。

 

 

飲酒運転事件について  

犯罪別『飲酒運転』についてよくある相談

 

 

お悩み別解決方法

  • 自首を考えている
  • 逮捕・勾留されたくない
  • 前科をつけたくない
  • 釈放・保釈してほしい
  • 無実である
  • 執行猶予をつけたい
  • 会社・学校に知られたくない
  • テレビや新聞で報道されたくない
  • 資格や職業を制限されたくない
  裁判では99%が有罪 WEB予約はこちら