飲酒運転に関する質問①


質問①

主人が酒気帯び運転で逮捕された件でご相談させてください。

7月11日未明、主人が酒気帯び運転で逮捕されました。

主人は深夜からの仕事で先日飲酒後8時間寝た後でしたが、残っていたようです。

そのご拘留され2日後に釈放されましたが、2、3回警察署に呼ばれた後、8月28日現在まだ裁判所の通知も何もなく、進展がありません。

このように期間がかかるものなのでしょうか?

社会的制裁は十分受ける覚悟ですが、なかなか動けません。

 

弁護士の回答

刑事事件チームの弁護士が回答いたします。

事件からもうすぐ2ヶ月が経とうとしているにもかかわらず未だ処罰を受けていないが、今後どのように進展していくのかというご質問ですね。

まず、一般的な事件の流れですが、①警察による捜査→②検察への事件の送致(送検)→③検察による捜査→④検察による起訴処分→⑤裁判所による審理・判決となっています。

現在はまだ、警察による取調べしか受けていないとのことですから、①もしくは②の段階でしょう。

今後、検察に事件が送られ、検事取調べを受けることになります。

検事取調べが終われば、裁判所に起訴され、おそらく罰金刑を受け、罰金を支払うことになるかと思います。

 

昨今、酒気帯び運転等の道路交通法違反が重大視されるようになり、事件の数も相当数にのぼっています。

そのため、捜査は長引く傾向にあり、ご相談者様のような不安をお持ちの方が多く存在しています。

最近私が担当した事件ですと、逮捕から4ヶ月後にようやく検事からの連絡(任意出頭の要請)が入りました。ですので、場合によってはあと2ヶ月ほど、取調べが先になるかもしれません。

 

刑事上の処分と並行して、行政上の処分も受けることになります。

呼気1リットルにつき、0.15ミリグラム以上0.25ミリグラム未満のアルコール濃度が検出された場合には、違反点が13点、処分は免許停止、免許停止期間は90日間として扱われています。

そして0.25ミリグラム以上の呼気中アルコール濃度が認められた場合には、違反点が25点、処分は免許取消、欠格期間は2年間とされています。参考までに。

飲酒運転に関する当事務所の弁護方針はこちらをごらんください。

 

 

飲酒運転事件について  

犯罪別『飲酒運転』についてよくある相談

 

 

お悩み別解決方法

  • 自首を考えている
  • 逮捕・勾留されたくない
  • 前科をつけたくない
  • 釈放・保釈してほしい
  • 無実である
  • 執行猶予をつけたい
  • 会社・学校に知られたくない
  • テレビや新聞で報道されたくない
  • 資格や職業を制限されたくない
  裁判では99%が有罪 WEB予約はこちら