銃刀法違反及び殺人予備を疑われていたものの、責任能力無しと判断された事例

罪名 銃刀法違反(銃刀法31条の18)・殺人予備(刑法201条・同法199条)
解決までの期間 1ヶ月
弁護活動の結果 責任能力無しと判断され、不起訴

事例人物

Yさん(30代)

※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。
なお、あくまで参考例であり、事案によって解決内容は異なります。

逆恨みをして嫌がらせを行なっていたYさん

銃Yさんは、以前の勤務先で、自分の良からぬ噂を流されたと勘違いし、Yさんが噂の出元であると考えた人物に対して、毎朝付きまとい、エアガンをちらつかせるという嫌がらせ行為を行なっていました。

次第にその行為はエスカレートし、Yさんは、様々な凶器を携帯して元職場に押し入ってしまいました。

すぐさま警察が駆けつけ、Yさんは銃刀法違反の容疑で逮捕されました。

 

 

接見を通じてYさんの異変に気付く

Yさんは、最初の接見の際に、事件に至る経緯や自分の前科前歴等について詳しく話をしてくれました。

その際何度も、何のために凶器を携帯していたのか、殺意はなかったのか、という点について聞きましたが、「脅して話をするためだった。」と断言していました。

それにもかかわらず、翌日に接見に行ったときには、「実は殺意があった。」と突然言い出したのです。

しかも、既に供述調書にもその旨を書いたと言っていたため、なぜ前回の接見のときに伝えてくれなかったのかとYさんを問いただしました。

すると、Yさんは、自分がとある組織に所属していて、その命令でこれまでの嫌がらせ行為を行なっていたということや、前回話してくれた前歴についても全てその組織の指示でやったことであり、そのことを警察に話したのだと言い始めました。

 

 

検察官との連絡を密にし、責任能力無しとの判断に

Yさんの話に違和感を持った私は、担当の検察官と連絡を取り、そもそもYさんが言うような前歴はあるのかということも聞いたところ、Yさんには全く前歴がないということであり、Yさんの話が全て妄想の中の出来事であるということが分かりました。

私は、Yさんには責任能力がなく、精神的な疾患の治療をするべきだという主張をし、Yさんの精神的異常性を明確にするため、Yさんが所属しているという組織とはどのようなものなのかを紙に書いてもらって証拠として提出しました。

その後何度か検察官とやり取りを行なったところ、検察官もYさんの責任能力に疑問を持ち、簡易鑑定が実施されることになりました。

簡易鑑定の結果、Yさんにはやはり精神疾患が認められました。

検察官は、その精神疾患が事件に大きく影響を与えていたと判断し、Yさんを措置入院としました。

こうして、銃刀法違反及び殺人予備については、不起訴処分となりました。

罪責を逃れるためにいたずらに責任能力を争っても無意味ですが、今回のケースは明らかに精神疾患の影響が強いと感じたため、責任能力を争う方向で不起訴処分を得ることができました。

どのような弁護方針が適切かは事案によって異なりますが、精神的な疾患が事件の原因となっているような場合、その事件について不起訴処分を目指すことに加えて、根本的な原因となっている疾患の治療を行うことが必要です。

銃刀法違反被疑事件で捜査を受けている方、ご家族が銃刀法違反被疑事件を起こしてしまいお困りの方は、刑事事件に注力する弁護士が在籍する当事務所に、まずはお気軽にお越しください。

 

 


なぜ弁護士選びが重要なのか

銃刀法違反について

 

『銃刀法違反』の解決事例

 

メール相談