刑務所の中の生活は過酷?受刑者の実態を知ろう!

掲載日:2020年1月15日|最終更新日:2020年1月15日

逮捕自分や身近な方が刑務所に収容される可能性がある方にとって、刑務所の中の生活は未知の世界であり、とても不安に思われることでしょう。

このコラムでは、弁護士が元受刑者の方から聞いた話を元に、刑務所の中の生活についてお伝えしたいと思います。

1日のスケジュールや年間行事

刑務所ごとに運用が異なる部分もありますが、基本的には以下のようなスケジュールです。

6時30分 起床
7時 刑務作業のために工場等へ移動
8時〜12時 刑務作業(その中で休憩が随時取られます。)
〜12時 昼食休憩30分程度
〜15時 刑務作業(その後順次風呂や運動の時間となります。)
17時 夕食
夕食終了後〜21時 余暇時間(TVを観たり、読書をしたりすることができるようです。)
21時 消灯

何度も刑務所に服役していた元受刑者によると、土日祝日は、朝から布団を敷いて寝ていてもよく、TVで放映されたことがあるような映画やDVDの映画鑑賞もすることができるようです。

漫画も読むことが許されていますし、囲碁や将棋、俳句、詩吟等のクラブも存在すると聞いています。

また、誕生月が同じ受刑者は、全体でまとめてお祝いがされます。

昔は、誕生月の受刑者には、それなりに大きなケーキが出ていたようですが、年々ケーキは小さくなってきているそうです。

お正月には簡単なおせち料理と1000円程度のお菓子が配られます。

受刑者は刑務作業で得られる作業報奨金が僅かですので、このようなお菓子を配られる機会はとてもありがたいようです。

 

刑務作業について

法務省によると、刑務作業は、懲役刑の内容であるとともに、受刑者に規則正しい勤労生活を行わせることにより、その心身の健康を維持し、勤労意欲を養成し、規律ある生活態度及び共同生活における自己の役割・責任を自覚させるとともに、職業的知識及び技能を付与することにより、その社会復帰を促進することを目的としたものとされています。

受刑者は、日中の大半の時間をこの刑務作業に使うことになります。

常に刑務所の職員に監視されており、作業で気をぬくことはできません。

挨拶等も大きな声でやらなければ何度もやり直しをさせられることもあるようです。

その一方で、刑務作業によって得られる作業報奨金は月額平均4000円ほどであり、刑務所内での支出も0ではありませんので、出所した際に手元に数万円しか残らず、生活に苦しむということも起こり得ます。

 

 

 

 

改善指導について

1か月に2回、一般改善指導というものが行われます。

一般改善指導とは、全受刑者が共通して受ける義務があるものであり、犯罪の責任を自覚させると共に、社会生活に適応するために必要な知識や生活態度等を身につけるために必要な指導を行うものです。

福岡の場合は、第2、4週の金曜日に実施されるようです。

それとは別に、薬物依存離脱指導、暴力団離脱指導、交通安全指導、性犯罪再犯防止指導、被害者の視点を取り入れた教育といった各種の特別改善指導というものもあります。

これらの特別改善指導は、全ての指導を全ての受刑者が受けるわけではなく、受刑者の犯罪傾向に応じて指導が行われることになっています。

長期にわたって服役を繰り返している受刑者によると、以前と比べて、現在は刑務所内における教育、再犯防止に力が入れられているとのことです。

無駄な時間を過ごすのではなく、刑期を終えて社会に復帰するための活動がしっかりと行われるようになっています。

 

 

刑務所内の揉め事について

刑務所の中での規則を破った場合には、懲罰が科されます。

懲罰を受けると、刑務所内で月に1回程度許されている嗜好品の購入が全くできなくなり、刑務所内での生活が更に味気ないものになってしまいます。

懲罰の中でも比較的重いものとしては、閉居罰というものがあります。

閉居罰とは、60日間以内の期間を定めて科される懲罰であり、懲罰房のドアに向かって、正座または胡座で、太ももの上に手を置き、背筋を伸ばした状態で8時から17時まで座り続けるものです。

中には、閉居罰が終了した後またすぐに問題を起こして再度閉居罰を言い渡される強者もいるようですが、態度が良好であれば、免罰といって2日〜5日間程度は閉居罰の期間が短縮されることもあるそうです。

刑務所内での揉め事もそれなりの頻度であるようで、受刑者同士の喧嘩の場合、軽い痣ができる程度の怪我であれば50日間の閉居罰となることが多いようです。

しかし、喧嘩が行きすぎて、鼻やあばら骨、歯などが折れてしまった場合には刑務所内での懲罰では済まなくなります。

各所長の判断によりますが、概ね骨折程度の傷害事件となれば、検察庁に事件送致がなされ、別途傷害罪等で刑罰を受けることになります。

どのような刑罰が科されるかは怪我の程度にもよりますが、およそ1年程度となることが多く、歯が一本折れた事案で懲役8月、安全靴であばら骨を折った事案で懲役1年2月の判決が言い渡された事案があるようです。

受刑者が刑務官に対して暴力を振るった場合、暴行罪や傷害罪に加えて、公務執行妨害罪も成立します。

この場合、1年以下の懲役刑となることはほぼないと聞きます。

なかには、刑務官が先に受刑者に対して暴行を加え、受刑者はそれに反抗したに過ぎないとして不起訴処分となった事案もあるようですが、受刑者の言い分が認められることはほとんどないとのことです。

 

このように、刑務所の中での生活は、一定の娯楽は認められているものの、生活を大幅に制限されることから、過酷な環境といえるでしょう。

重大な犯罪を犯したり、繰り返し犯罪を犯してしまうと、このような刑務所の生活を送らなければならなくなります。

くれぐれも犯罪には手を染めないようにしてください。

 

 

この記事を書いた人

阿部尚平

弁護士コラム一覧

  • 弁護士 阿部尚平 
    自分や身近な方が刑務所に収容される可能性がある方にとって、刑務所の中の生活は未知の世界であり、とても不安に思われることでしょう。このコラムでは、弁護士が元受刑者の方から聞いた話を元に、刑務所の中の生活...[記事全文]
  • 弁護士 宮﨑晃 
    これまで、刑事訴訟法において、被疑者・被告人と捜査機関(検察官等)との取引を認める規定はありませんでした。司法取引制度(政府は「合意制度」と呼んでいます)は、国として、被疑者―捜査機関の間での取引を公...[記事全文]
  • 弁護士 宮﨑晃 
    平成30年3月に報道された内容によりますと、平成29年に児童ポルノ関連事件として摘発された数は、2413件であり、過去最高を記録しています。児童ポルノ関連事件数が飛躍的に増加している背景には、平成29...[記事全文]
  • 弁護士 宮﨑晃 
    妻が浮気をしているのではないかと疑い、妻が普段から使用している自家用車にGPSを取り付けました。妻にGPSが発見され、警察に通報されてしまいました。警察からGPSを取りに来るように呼び出されていますが...[記事全文]
  • 弁護士 宮﨑晃 
    平成29年6月16日、刑法の一部が改正され、「強姦罪」について大幅に変更がなされました(施行は7月13日)。今回の改正は、多くの改正を含んだものですが、その改正点についての概説的な解説に加え、LGBT...[記事全文]
  • 弁護士 宮﨑晃 
    警察が裁判所の令状を取らずに、被告人の車に無断でGPSを取り付けて被告人の位置情報を取得するという捜査の適法性が争われた裁判で、平成29年3月15日、最高裁判所大法廷は、そのようなGPS捜査は強制捜査...[記事全文]
  • 弁護士 宮﨑晃 
    刑事収容施設でのトランスジェンダーの方をめぐる問題は、LGBTという言葉が社会に広まった現在でも未だに残っています。その内容としては、①戸籍上の性別ではなく、性自認の性別で扱ってもらえるのか、②ホルモ...[記事全文]
  なぜ弁護士選びが重要なのか

  裁判では99%が有罪   WEB予約はこちら