傷害罪・強要罪として逮捕されたものの、示談を成立させ、早期釈放・不起訴処分を獲得した事例


罪名 傷害罪・強要罪
解決までの期間 1ヶ月
弁護活動の結果 不起訴

事例人物

Gさん(40代)

妹を思い傷害事件を起こしてしまったGさん

暴行Gさんには、大切な妹がいます。その妹が、交際相手から継続的にDVを受けていることが判明しました。

妹は、DVを受け、顔にアザを作っていました。また、眠れない状況が続き、睡眠薬を大量に飲み、救急車で運ばれることもありました。

Gさんは、妹の状況を見かね、冷静さを失い、妹を連れて加害男性の元を訪れました。そしてGさんは、相手に対し、「妹と同じ思いをしろ」と、壁に自ら頭を打たせた上、睡眠薬を大量に飲ませました。

相手はその後救急車で運ばれ、Gさんの傷害行為、強要行為が発覚し、逮捕されるにいたりました。

Gさんの妹は、「自分のせいでお兄ちゃんが逮捕されてしまった」と涙を流しながら当事務所の弁護士に相談をしました。

 

逮捕後、弁護士がすぐに接見に駆けつけ、早期釈放を実現

私たちは、Gさん妹の相談を受け、相手にも責任があるものの、傷害事件・強要事件としてみた場合に、Gさんが傷害罪・強要罪で勾留・起訴されてしまう可能性が高いと考え、弁護人としての活動を開始しました。

まずは、初回接見サービスで受任し、Gさん本人の意思を確認した後、正式に弁護人としての活動を開始しました。

弁護方針としては、相手方の過失を主張するのではなく、まずは示談交渉を進め、被害届の取り下げを目指すことにしました。Gさんの妹から相手の連絡先を聞き、示談交渉を開始しました。

相手は、示談に応じるかわりに、同時にGさんの妹との間でも示談をしたいと主張してきました。

その要求内容は、Gさんが相手に30万円の慰謝料を支払う、相手がGさん妹に30万円を支払う、というものでした。

しかしながら、Gさんの妹が受けたDVのほうが、(継続性がある点、傷害結果が大きい点等)圧倒的に被害が大きいはずであり、Gさん妹の権利を考えると、合意するのは適切でないように思えたのです。

Gさんの妹は私たちに対し、自分に不利でも合意をしてほしいと述べていましたのですが、私たちは、1日だけ猶予をもらいました。交渉は難航しましたが、粘り強く交渉を続け、最後は適正金額で示談をすることに成功しました。

 

 

今回のポイント

ポイント私たちは、示談成立後、即日で、担当検察官に示談書を提出しました。検察官に対して、示談の経緯、相手の過失について説明を尽くし、すぐにGさんの不起訴処分は確定しました。

相手方からの違法行為への反撃として犯罪行為をしてしまったという方、まずはお気軽に、刑事事件に注力する弁護士が在籍している当事務所に、ご連絡ください。

 

 

傷害事件について

犯罪別『傷害』についてよくある相談

 

『傷害』についてよくある相談

 

傷害、傷害致死に関する判例解説

 

メール相談

 

 

 

お悩み別解決方法

  • 自首を考えている
  • 逮捕・勾留されたくない
  • 前科をつけたくない
  • 示談してほしい
  • 告訴されたくない
  • 執行猶予をつけたい
  • 釈放・保釈してほしい
  • 今すぐ面会・差入れしてほしい
  • 会社・学校に知られたくない
  • 資格や職業を制限されたくない
  • 無実である
  • テレビや新聞で報道されたくない
  なぜ弁護士選びが重要なのか

  裁判では99%が有罪   WEB予約はこちら