傷害罪として取調べを受けていたものの、示談を成立させ、不起訴処分を獲得した事例


罪名 傷害罪
解決までの期間 2ヶ月
弁護活動の結果 不起訴

事例人物

Sさん(50代)

泥酔客に怪我をさせてしまったタクシー運転手Sさん

タクシーSさんは、個人タクシードライバーとして、福岡で30年以上、タクシー業を行ってきました。

Sさんは、ベテランであることもあり、乗せるべきでない客の判別がつくところです。

Sさんはある日、天神の交差点で右折しようと停車していました。

右折レーンにいるにもかかわらず、泥酔した男性グループが、道路を横切り、タクシーに乗せるよう要求してきました。

Sさんは、「ここは危ないから乗せられません」と窓を開けて伝えました。

すると一人の男性が、憤激し大声を上げ、再度乗せるよう要求してきました。

Sさんは身の危険を感じ、信号が青に変わったこともあり、右折を開始しました。上記男性が、窓に手をかけていたことから、腕を怪我してしまい、警察沙汰となりました。

 

「タクシードライバーとして今後も生きていきたい」という強い気持ち

Sさんはすぐに法律事務所を訪れ、今後どのように話を進めていくべきかを相談しました。

Sさんは、身の危険を感じたこと、男性が窓に手をかけているとは思わなかったことなどを、正直に話されましたが、それ以上にSさんとしては、「タクシードライバーとして今後も生きていきたい」という強い気持ちがありました。

そこでまず私たちは、タクシードライバーの認可要件を調べ、傷害事件で有罪判決を受けた場合に資格を失うのかどうか調査をしました。

その結果、福岡県においては、刑事上の罰則を受けると資格を失うことが判明しました。

その後もSさんと打ち合わせを重ね、最終的に、「示談交渉をし、民事上の解決を図る」という選択肢を選びました。

私たち弁護人は、相手方の連絡先を警察から聞きだし、相手方に示談の意向を伝えました。

相手方は、高額の示談金を要求する方でしたが、相手方の非が大きい点、そのような金額を請求するようであれば一銭も払わないことになる点、刑事裁判となっても無罪判決の可能性が十分にある点等を根気強く説明し、低額の示談金で示談を成立させました。

被害届の取下げにも応じてもらうことに成功しました。

 

 

今回のポイント

ポイント結果的にSさんは不起訴処分となり、現在もタクシードライバーとして活躍しています。

Sさんは、当事務所を訪れる前に、他の刑事専門弁護士の事務所に相談に行ったが「君が悪い」と厳しく糾弾され、苦しい思いをしたとのことです。

私たちと問題を解決し、「事務所によってここまで対応・結果が違うのかと驚いています」との言葉も頂きました。

傷害事件でお困りの方、職業を失わないか心配がある方、まずはお気軽に、刑事事件に注力する弁護士が在籍している当事務所に、ご連絡ください。

 

 

傷害事件について

 

犯罪別『傷害』についてよくある相談

 

傷害事件の解決事例

 

傷害、傷害致死に関する判例解説

 

メール相談

 

 

 

お悩み別解決方法

  • 自首を考えている
  • 逮捕・勾留されたくない
  • 前科をつけたくない
  • 示談してほしい
  • 告訴されたくない
  • 執行猶予をつけたい
  • 釈放・保釈してほしい
  • 今すぐ面会・差入れしてほしい
  • 会社・学校に知られたくない
  • 資格や職業を制限されたくない
  • 無実である
  • テレビや新聞で報道されたくない
  なぜ弁護士選びが重要なのか

  裁判では99%が有罪   WEB予約はこちら