傷害、傷害致死に関する質問


質問①

私は今から5~6年ほど前の中学1年生の頃に電動ガンに没頭してた時期がありました。

ある日、友人達が私の家に来ると事で自慢しようと電動ガンを私の家の3階のベランダから駐車場に居た親子連れの方を狙いました。

発砲はしたのですが、当てるのはまずいと思いわざと大きく外して発砲しました。

親子連れの親御さんが気づき、私の家のインターホンを鳴らし「親御さんはいますか?」と言われ私は応答で「いません。」と言いました。

そこで、向こうの親御さんから「警察よびますね」と言われ、実際、数分後にパトカーが到着しました。警察とその親御さんが何か話してたらしいのですが、会話は聞こえませんでした。

しかし、警察の方が家に来るとこは無く、5~6年経っても来ていません。

しかし、パトカーがよく巡回するようになりました。家の裏に広い道路があるのですが、そのパトロールか私の監視が入ったと思われます。(あくまで私の推測です。)

因みに、その親子連れのお子様は当時推定で0~2歳程だとおもいます。親御さんに抱っこされていたので推定ですが、そのくらいの年齢です。

長々と綴りましたが、幾つかある質問させて頂きます。

質問① 今になって警察が訪問し、事情聴取・逮捕は有り得るのでしょうか??
質問② 当時0-2歳のお子様が現在7-8歳程になり、親御さんがその事実を述べた際、精神的に病気になった場合は傷害罪として訴訟されるのでしょうか?
質問③ 精神的に病気にかかり、そのお子様が自殺してしまった場合に傷害致死になるのでしょうか?
質問④ もし、訴訟されてしまった場合、私の友人が目撃者として証人になれるのでしょうか?

長々と申し訳無いのですが凄く心配です。ご返答よろしくお願いします。

 

弁護士の回答

刑事無料メール相談のご利用ありがとうございます。貴殿のご相談に、当事務所の刑事弁護士が回答いたします。

質問事項をまとめてくださっていますので、それにあわせて回答いたします。

①5~6年前の暴行・傷害事件について、警察が捜査を開始し、事情聴取や逮捕に至る可能性があるのか?

電動ガンが親子連れに直撃したのであれば、捜査の必要性が大きく、5年後であっても犯人の特定に至れば、事情聴取や逮捕の可能性はあるでしょう。
しかしながら、あなたが述べてくださったように、被害者に直撃していないのであれば、捜査の必要性が乏しく、5年後に捜査を開始する可能性は限りなく小さいと考えられます。
また、直撃していないとすれば、あなたの行為は、暴行罪となります。
暴行罪の時効は、5年です(刑法32条4号)から、既に時効が完成している可能性があります。そのことを加味すると、あなたに対して捜査が及ぶ可能性は、限りなく低いといえるでしょう。

②当時0~2歳のお子様が現在7~8歳程になり、親御さんがその事実を述べた際、精神的に病気になった場合は傷害罪として起訴されるのか?

確定的なことを述べることはできませんが、基本的には、仮にお子様が病気になったとしても、電動ガンの発射行為と病気との因果関係を認めることができず、傷害罪として起訴することはできないでしょう。
そのため、質問①と重なりますが、暴行罪(傷害結果の不発生)として見られることになり、既に時効が完成している可能性が高くなります。

③精神的に病気にかかり、そのお子様が自殺してしまった場合に傷害致死になるのでしょうか?

質問②と同様、基本的には、因果関係を認めることができませんから、傷害致死罪にはならず、暴行罪にとどまります。
なお、電動ガンでの攻撃が、一回にとどまらず、長期間反復して多数回、被害児童を狙いうちにして行われていたとすれば、被害児童やその親御様からしたら、「いつか殺されるに違いない」という気持ちになってもやむを得ませんから、因果関係が認められる余地が出てきます。しかしそれは、例外的なケースです。

④もし、訴訟されてしまった場合、私の友人が目撃者として証人になれるのでしょうか?

当時の状況を間近で見ており、鮮明に覚えているのであれば、証人になれるでしょう。
しかしながら、あなたの友人ですから、あなたに有利に話すのではないかという目で見られることにはなりますから、そのことを前提に考える必要があります。むしろ、あなたが行った行為は違法そのものですから、被害者に謝罪し、示談交渉を進めていくことが重要です。
基本的には捜査・起訴される可能性はないですが、仮にそのような状況になった場合には、早急に弁護士の元に相談に行き、示談交渉等の弁護活動を展開してもらうべきでしょう。

 

 

傷害事件について

犯罪別『傷害』についてよくある相談

 

犯罪別『傷害』についてよくある相談

 

傷害、傷害致死に関する判例解説

 

メール相談

 

 

 

お悩み別解決方法

  • 自首を考えている
  • 逮捕・勾留されたくない
  • 前科をつけたくない
  • 示談してほしい
  • 告訴されたくない
  • 執行猶予をつけたい
  • 釈放・保釈してほしい
  • 今すぐ面会・差入れしてほしい
  • 会社・学校に知られたくない
  • 資格や職業を制限されたくない
  • 無実である
  • テレビや新聞で報道されたくない
  なぜ弁護士選びが重要なのか

  裁判では99%が有罪   WEB予約はこちら