器物損壊で逮捕。起訴されないために、どのような活動をするの?


泣く女性のイラスト器物損壊で逮捕されてしまいました(犯罪事実に間違いはありません)。

起訴されないために、どのような弁護活動をしてくれるのですか?

 

 

弁護士の回答

物が壊れるイメージイラスト器物損壊事件については、不起訴処分の獲得が目標になります。また、同時に、早期釈放も目標として弁護活動を行うことになります。

弁護活動としては、示談交渉が中心になりますが、その他、行為態様が悪質ではないこと、あなたに酌むべき事情があること、これまで前科前歴なく真面目に暮らしてきたこと、反省を深め更生を誓っていること等を意見書の形にして、処分決定権のある検察官に提出した上で検察官面会を求める活動も考えられます。

意見書に添付する形で証拠をも提出することが有益ですから、証拠の収集にも取り組むことになります。

弁護士牟田口裕史画像やはり最重要任務は、示談交渉です。

まずは被害者の連絡先を取得する必要がありますから、検察官に連絡先の開示を求めていくことになります。器物損壊であれば、多くの被害者が情報開示を許可してくれます。

次に、被害者に連絡をいれ、謝罪の意を伝達するとともに、被害弁償をさせてほしい旨を伝えます。金銭賠償のほか、代替品の購入等、被害者の納得を得られる様々な案を示しつつ粘りよく交渉を続け、可能な限り早期の示談成立を実現します。

器物損壊罪は、個人に対する罪ですから、所有者に許しをもらえれば、飛躍的に不起訴の可能性が上がります。

起訴前に告訴を取り下げてもらうことができれば、起訴される心配はなくなります。

噂のイメージイラスト身体釈放も、示談の成立とともに実現に向かうことになるでしょう。長期の身体拘束や、有罪判決によって、会社に器物損壊の事実が知れ渡ったり、会社を解雇されたりする危険性は増大してしまいます。

一日でも早い示談の成立のために、私たちは全力を尽くします。

デイライト法律事務所ロゴ器物損壊で逮捕されお困りの方、警察から任意出頭を求められ今後の手続に不安がある方、ご家族が器物損壊罪で逮捕されてしまい生活でお困りの方、刑事事件に注力する弁護士が所属する当事務所へ、お気軽にお越しください。

器物破損の弁護活動について、詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

器物破損事件について  

器物損壊

 

 

お悩み別解決方法

  • 自首を考えている
  • 逮捕・勾留されたくない
  • 前科をつけたくない
  • 釈放・保釈してほしい
  • 無実である
  • 執行猶予をつけたい
  • 会社・学校に知られたくない
  • テレビや新聞で報道されたくない
  • 資格や職業を制限されたくない
  裁判では99%が有罪 WEB予約はこちら