暴行で逮捕されるかもしれません。どうすればいいですか?


弁護士の回答

ご質問について、当事務所の刑事専門チームの弁護士が御回答いたします。

逮捕されると十分な弁護活動ができないおそれがあります。事前に刑事専門の弁護士にご相談されることをお勧めします。

 

暴行とは

逮捕刑法上には様々な暴行の概念がありますが、暴行罪における「暴行」とは、人の身体に向けられた有形力の行使と定義されています。

例えば、殴る、蹴るなどの他にも、裁判例では、髪を根本から切る行為、故意に人に向かって農薬を散布する行為、女性に抱きつき防止で口をふさぐ行為等も含むものとされています。

また、上記の定義からは、人に向けられていれば足り、物理的な接触は不要です。

そこて、石を投げたが命中しなかった場合や、拡声器を使って耳元で大声を発する行為も暴行罪の暴行に該当します。

 

 

逮捕された場合の問題点

逮捕されて、釈放されない場合は、48時間以内に送検されます。

送検された後、勾留されると最大で20日間、取調べが続いて、その後起訴される可能性があります。

起訴までの流れの解説逮捕や勾留は、身柄が拘束されるので、自由な行動が取れなくなります。

その期間は、仕事や学校にも行けなくなるので、被疑者の生活に与える影響が大です。

また、身柄が拘束されると、弁護士への相談や打ち合わせにも支障が出ます。そのため、十分な弁護活動ができなくなる可能性があります。

 

 

弁護士へ相談するメリット

早い段階で刑事弁護士に相談されると以下のようなメリットがあります。

取調べ時の対策ができる

取り調べ事前に相談することで、取調べのときに注意すべき事項を確認できます。

注意すべき点がわかると、事実とは異なる、ご自身にとって不利益な発言をすることを防止できます。

 

示談交渉の成功

弁護士と握手する男性暴行罪は被害者がいる犯罪です。

逮捕される前に、被害者方との示談交渉が成功すれば、被害届を取り下げてもらうことできるので、逮捕される可能性はほとんどなくなります。

示談交渉についてくわしくはこちらをご覧ください。

 

 

暴行の料金プラン

電卓初回の相談料金は無料です。

その他依頼された場合の弁護士の料金についてくわしくはこちらをごらんください。

 

 

 

暴行のご相談について

弁護士牟田口裕史当事務所には、刑事事件を専門とするチームがあります。

まずは当事務所の弁護士までお気軽にご相談ください。

逮捕・勾留されない方法について詳しくはこちらをご覧ください。

暴行の解決方法について詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

 

暴行脅迫事件について  

犯罪別『暴行脅迫』についてよくある相談

 

 

お悩み別解決方法

  • 自首を考えている
  • 逮捕・勾留されたくない
  • 前科をつけたくない
  • 釈放・保釈してほしい
  • 無実である
  • 執行猶予をつけたい
  • 会社・学校に知られたくない
  • テレビや新聞で報道されたくない
  • 資格や職業を制限されたくない
  裁判では99%が有罪 WEB予約はこちら