暴行、脅迫に関する質問

1年前についた前歴に納得いかないので、前歴を撤回できませんか?

1年前夫から暴力を受け、仰向けの状態で上から首を絞められました その際逃げようと夫の下半身を数回蹴り逃げ警察に連絡をしました。

すると夫も蹴られたと主張し、私も前歴がつく形になってしまいました。

蹴りましたか?と聞かれたので、はいと答えたのみ 子どもも見ていたので、お母さん蹴った?と聞かれ、うんと答えたのでお互いにやりあったと一方的に言われました。

1年たった今でも納得がいかず… 逃げるための反撃で、起き上がってからは何もしなかったのですが、前歴を撤回することはできないのでしょうか?

 

弁護士の回答

結論から申し上げますと、前歴を撤回するということはできません。

前歴とは、捜査機関から被疑者として捜査を受けた経歴のことを指します。

これと似た言葉として、前科というものがあり、こちらは刑事裁判において有罪判決を受けた経歴のことを指します。

こうした定義からも明らかな通り、被疑者として捜査を受けたことがあるという事実を消すことはできませんので、前歴を撤回するということもできません。

おそらく、相談者様としては、旦那様に暴力を振るわれ、ご自身の身を守るために反撃行為を行ったに過ぎず、相談者様の行為には正当防衛(刑法36条)が成立するはずであり、にもかかわらず前歴をつけられるということに納得がいかない、というお考えなのだろうと推察します。

確かに、相談者様のお話を前提とする限り、相談者様の行為については、刑法上の暴行罪(刑法208条)の構成要件に該当するものの、正当防衛が成立し、違法性が阻却されるとして、仮に裁判になったとしても無罪になる可能性はあると思われます。

しかし、実際に無罪であるかどうかを決めるのはあくまでも裁判の場であり、実際に裁判をすべきか、裁判において有罪となる見込みがあるか、といったところは、警察や検察の捜査により明らかにされていくものです。

付け加えますと、前歴がついたと言っても、あくまで一度「捜査の対象になった」ということを示すだけであり、また前歴があるという事実が捜査機関から外部に漏れることは通常ありません。

つまり、ご自身で他の人に暴露しない限り、相談者様に前歴があるという事実が他の方に知られることはないと思っていただいて構いません。

もちろん、「自分は悪いことをしていないのに前歴がついた」という風にお考えである場合、前歴がついたこと自体に納得がいかないのであって、他人に知られるかどうかはあまり問題ではないと思われるかもしれません。

しかし、捜査機関の方々からすれば、「本当に悪いことをしたかどうか」は、捜査段階では「分からない」のであり、本当に悪いことをしたかどうかを調べるのが捜査なのです。

つまり、「悪いことをしたから捜査される」のではなく、「悪いことをした可能性があるから、その可能性が現実のものかどうかを捜査により調べる」のです。

そのため、前歴がついたといってもあまり気にしすぎずに生活をされることをお勧めいたします。

 

 


なぜ弁護士選びが重要なのか

暴行脅迫事件について

犯罪別『暴行脅迫』についてよくある相談

 

『暴行、脅迫事件』の解決事例

 

暴行、脅迫に関する判例解説

 

メール相談