裁判では99%が有罪 WEB予約はこちら

刑事事件のお悩み別解決プラン

刑事事件でお困りの事がありましたら、刑事事件に注力する弁護士へご相談ください。
  • 自首を考えている
  • 逮捕・勾留されたくない
  • 前科をつけたくない
  • 釈放・保釈してほしい
  • 無実である
  • 執行猶予をつけたい
  • 会社・学校に知られたくない
  • テレビや新聞で報道されたくない
  • 資格や職業を制限されたくない
  • 今すぐ面会・差入れしてほしい

刑事事件の犯罪別解決法

  48時間までが勝負 WEB予約はこちら
解決までの流れ

刑事事件の流れ(通常の場合)

刑事事件は容疑者の段階から早期に弁護活動を行うことで、逮捕を防止できることがあります。
この段階の刑事弁護活動は被害者との示談交渉や警察等への同行サービスなどがあります。

捜査機関は、通常、逮捕してから48時間以内に送検するか、釈放するかを決めます。
したがって、逮捕後は迅速な刑事弁護活動が必要です。

送検後、検察官が24時間以内に、「勾留請求」か「釈放」かを判断します。

勾留された場合、さらに取り調べが続きます。この期間に検察官が起訴(裁判)をするか否かを決定します。
起訴されないようにするために、弁護士は被害者との示談交渉や担当検事との面会を求めたりします。 勾留は10日間の延長があり、最大で20日間です。

起訴されると、裁判所で戦うこととなります。
具体的には、無罪を求めるための立証活動や被告人に有利な情状を主張して減刑を求めます。
起訴をされると99%以上有罪となってしまうため、刑事弁護は少しでも早い段階から活動することが何よりも重要となります。

デイライト法律事務所だからできること

弁護士牟田口裕史 デイライト法律事務所は福岡屈指の法律事務所です。

当法律事務所は、福岡に2つのオフィスを擁し、全国の法律事務所と戦略的業務提携を構築しています。

福岡の博多オフィス、小倉オフィスには多数の弁護士、その他の専門家、パラリーガル等が所属し、福岡全域にわたって刑事弁護活動に注力しています。

当事務所の弁護士が他と大きく異なるのは、それぞれが専門分野に特化しているということです。

弁護士は、専門分野を持つことで、当該分野圧倒的な知識とノウハウを身につけることができます。刑事弁護を専門とすれば、無罪を勝ち取ったり、刑を減刑できる可能性が高くなります。

アメリカなどでは弁護士がこのように専門特化することは当然と考えられています。

例えば、刑事専門弁護士は刑事事件しか扱いません。

ところが、日本の弁護士は、自己の専門分野を持つという意識が非常に低い現状です。

これは、福岡の弁護士も同様です。例えば、刑事弁護を扱う弁護士をインターネットなどで探すと、一応は探すことができます。

しかし、その弁護士をよく調べてみると、刑事事件以外の案件の方を多く取り扱っていることがあります。

つまり、福岡にも見せかけだけの刑事専門弁護士がいるので注意が必要です。
特に全国に展開し、各支店に少数の弁護士を配置している事務所は本当に専門家かどうか確かめてください。そのような事務所に所属する弁護士は過払い金、交通事故を多く取り扱っている場合は多い傾向があります。

当事務所には、大勢の弁護士が所属していますが、「専門特化」という行動指針を第1に掲げており、それぞれ注力分野を1ないし2に限定し、その他の案件はほとんど取り扱っていません。

そして、当事務所の刑事専門弁護士は、刑事弁護活動に注力し、ナンバー1の刑事専門弁護士になるという強い意思を持っています。そして、現に取り扱う事件のほとんどは刑事関連の事件です。

このように、刑事事件に注力することで、他の弁護士にはできない付加価値の提供に努めています。

皆さまの刑事事件の解決は、私たちにおまかせください。  

福岡の刑事弁護の特色

福岡は、歴史的に、刑事弁護への取り組みが活発な地域です。

例えば、福岡県は、当番弁護士制度(待機制)発祥の地です。
これは、逮捕された被疑者に対して、迅速に助言を行うために、発足させたものであり、福岡から全国へ普及していきました。

また、福岡県弁護士会は、刑事弁護の研究や全件少年付添人制度でも全国のけん引車としての役割を荷負って来ました。  

福岡における捜査機関等

福岡県警の警察署と管轄はこちらをごらんください。    

新着情報